たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  小平市 小平市

< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
オーナーへメッセージ
※カテゴリー別のRSSです

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2014年06月30日

小平たからみち散歩

小平たからみち散歩

「たからみち」ってご存知ですか?キラキラして、ワクワクするこの言葉。
小平のたからみちについては、昨年の4月に発行された『たまら・び 小平特集号』で知りました。
(こだいら探検隊の『たまら・び小平特集号』の記事はこちら)
今回は、このたからみちを中心に、コダ平さんと花いつ姐さんがお散歩。おや、もう鷹の台の駅にいらっしゃるよう。
お天気不安定なこの季節ですが、お二人の元気なお散歩、始まり始まりー。

❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦

小平花いつ:しっとりとした季節は雨音を聞きながら物思いにふけるのも悪くない季節、なんてちょいと梅雨時ロマン気分も嫌いじゃあない、小平花いつでございます。
夢見亭コダ平:この季節、押し入れ開けると、カビが心配な夢見亭コダ平でやんす。
花いつ:ちょいと、不衛生だよ。
コダ平:でも「大丈夫かなー?」という食べ物を食べても問題なし、極めて元気でやんす。
花いつ:相殺されないよ。
コダ平:ありゃあ、駄目でやんすか。
花いつ:さて、今回のお散歩は、鷹の台駅から、たからみちを通って、グリーンロード経由、小川駅前というコース。名付けて、小平たからみち散歩。
コダ平:たからみちってぇと、なんですかい、徳川の埋蔵金ならぬ小川九郎兵衛の埋蔵金が眠ってるとか?
花いつ:違うよ。青梅街道の南側にある、おうちとおうちの庭先をつなぐ道さね。「宝の道」とも「竹の原の道」というらしいね。
コダ平:ほうほう。では、さっそく出かけようじゃありやせんか。

花いつ:小平たからみち散歩、まずは鷹の街道を渡って、線路沿いの小道を行こうね。
コダ平:なんだか、懐かしい感じの道でやんすね。線路も単線。
花いつ:で、ここの踏切を渡る。昭和半頃を思わせる踏切だろ?
   
コダ平:おいら、そんな時代知りやせんから。小さい踏切なもんで、歩いてか自転車でなきゃ通れやせんね。
花いつ:この踏切を渡ると、すぐそこがたからみちの始まりさね。
   
コダ平:わーっ!北っ側にゃすぐに青梅街道だってぇのに、このたからみちは別世界!
花いつ:これこれ、大声おだしでないよ。このたからみち、さっきも言ったようにおうちとおうちの庭先を通ってんだ。素っ頓狂に騒いじゃあご迷惑だからね。
コダ平:おっと、いけねぇ、いけねぇ。
花いつ:鬱蒼とした木々のに挟まれた小道があるかと思えば、さあーっとひろがる畑と、変化も楽しい道だね。
   
コダ平:畑の中を突っ切る道もありやすから、ここでも、マナーを守って、マナーを守って。
花いつ:礼儀正しく歩く道だから「たからみち」というのかもね。人間、人格が備わってるのは、そのお人のおたからだからね。
コダ平:言わんとするところはわかりやすが、後づけ感ありあり。
花いつ:あはは、やっぱりそうかい。

花いつ:さあ、たからみちはここでおしまい。青梅街道を渡って野火止用水沿いに向かおうか。
コダ平:たからみち、いい道でやんしたねぇ。
花いつ:そうだろ、そうだろ。
コダ平:ただ、たからみちに弱点あり。
花いつ:なんだい、その弱点ってぇのは。
コダ平:美味しいものいただけるお店がねぇっ!
花いつ:きっぱり言いきったね。
コダ平:おいらにとっちゃあ、そこ重要。
花いつ:本当は、前回ご紹介のあった藤乃さまにお寄りしようかと思ってたんだけど、お時間が合わなくってねぇ。
(前回の記事はこちら)
コダ平:思うだけじゃあ、腹はふくれやせん!
花いつ:だからって、おまえさんがふくれてどうするね。今回の昼餉はこちら、備前屋さんでいただきましょう。
   
コダ平:おおっ!さすがは姐さん。
花いつ:こちらは、お名前の通りの備前焼や欧州の陶磁器も商ってらっしゃるんだよ。
コダ平:陶磁器よりも、昼餉、昼餉。
花いつ:こちらは、ドイツのパンやソーセージ、ビールがお薦めらしいね。
今日いただいてるのはプレッツェルのランチセット。
コダ平:プレッツェルはでかいし、旨いー!
花いつ:スープ、サラダ、ピクルスに、その日のお惣菜付きで、お野菜もたっぷりいただけて嬉しいねぇ。
コダ平:あー、ビール飲みてー。
花いつ:これからの季節、ビールもおいしいだろうねぇ。

コダ平:さあ、腹もくちくなった。ありがたや、ありがたや。この野火止用水沿いは、去年の9月でしたっけ、スポーツ祭東京2013で、デモンストレーションのウォーキングのコースでやんしたね。
(小平漫遊記 長月の巻-スポーツ祭東京2013in小平-の記事はこちら)
   
花いつ:あん時は暑かったねぇ。あれを思えば、今日はちょいと蒸す程度だよ。
コダ平:今日はちょいと蒸す程度でやんすねぇ。
花いつ:塩梅よく、梅雨の晴れ間だね。
コダ平:梅雨の晴れ間でやんすねぇ。
花いつ:小平市内にキンクロライオンタマリンが出ましたねぇ。
コダ平:キンクロライオンタマリンが出でやしたねぇ。
花いつ:こらっ!さっきから心ここにあらずだろ。
コダ平:ひーん、姐さん、すいやせん。でも、腹減っちまって。
花いつ:そろそろそうくると思ったよ。さあ、こちらにお寄りしよう。
コダ平豊島屋とうふ店さま?
花いつ:そう、そう。材料は国産大豆。豆の風味が活きてて美味しいと評判のお豆腐屋さんだよ。もうせん、こだいら探検隊でもご紹介があったっけ。
(こだいら探検隊 豊島屋とうふ店の記事はこちら)
   
コダ平:おいら、豆腐は嫌いじゃないですがねぇ、いきなり散歩中に豆腐を食えといわれても。
花いつ:お豆腐もいただくけど、ほれ、おからドーナツがあるんだよ。もちろん、お豆腐とそれから、おからも買って・・・。
コダ平:ぃやったーーーっ!これが、おからドーナツ。うんうん、うんめーっ!
花いつ:わー、お店出た途端に食らいつくやつがあるかね。
コダ平:(モグモグモグモグ)
花いつ:だめだ、味覚優先、聴覚遮断状態だね、こりゃ。
コダ平:あー、旨かったー。ん?いつの間に、小川駅前に?


花いつ:どんだけ、食べることに集中してんだい。全く、おまえさんはくったくがなくっていいねぇ。
コダ平:いえいえ、おいらだって、寂しさをこらえるために食わずにゃいられぬ時だってあるんでやんすよ。
花いつ:何いってんだい、春夏秋冬喜怒哀楽関係なしに食ってるくせに。と、普段ならこう切り返すところですが、今回ばかりは、さもあらんと思っちまうんですよ。
コダ平:へい、実はこのこだいら探検隊、今回で最終回。
花いつ:2004年に始まったんだから、10年も続いてたんだねぇ。
コダ平:おいらたちがお邪魔するようになったのは、2012年の1月でやんしたね。
花いつ:こだいら探検隊の歴史のなかでは、若輩ものではございましたが、楽しくお散歩、漫遊させていただき本当にありがとうございました。
コダ平:姐さん、姐さん、剽軽キャラのおいらたちに湿っぽいご挨拶は似合わねぇ。
花いつ:そりゃそうだね。じゃあ、豊島屋とうふ店さまで購入した、とうふ、ドーナツ、おから(きらず)で締めのご挨拶と参りましょう。
たんけん隊は卒業ですが、決してとうふへ行くじゃなし。
コダ平ドーナツてゆくのか、これ(お)からも楽しみな小平市。
花いつ:ご縁はきらずに参りましょう。
本当に今まで、ありがとうごいました。こだいら探検隊は終わりましたが、あたしらは、これからも小平市内をふらふらしております。お会いすることもございましょうが、その際はどうぞよろしくお願い申しあげます。
コダ平:ありがとねー!さいならー!元気でねー!

❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦

そんなこんなで、最終回となりましたこだいら探検隊。
少し寂しくもありますが、花いつ姐さんとコダ平さんとご一緒に、小平市のあちらこちらをご紹介できましたのは、わたくし自身にもとても楽しい思い出となっております。
そして、この探検隊のページを提供してくださった小平商工会さま、NPO法人Mystyle@さま、そして読んでくださったすべての方に御礼申しあげます。

それでは、今回のお散歩コースの立ち寄りスポットのご紹介と地図です。
①西武国分寺線 鷹の台駅

②踏切

③たからみち

④備前焼喫茶 備前屋
所在地:小平市小川西町1-4-12
電話番号:042-343-3738
営業時間:10:30-18:30
定休日:水、日、祝

⑤野火止用水
グリーンロードの詳細はこちら

⑥豊島屋とうふ店
所在地:小平市小川西町3-3-22
営業時間:10:00-19:00
定休日:日曜日
こだいらネットのページはこちら

⑦西武新宿線 小川駅

地図1 
①鷹の台駅→②踏切→③たからみち→④備前屋
←クリックすると大きく表示されます。
徒歩およそ1時間程度。見学、食事などの時間は含みません。

地図2
④備前屋→⑤野火止用水→⑥豊島屋とうふ店→⑦小川駅
←クリックすると大きく表示されます。
徒歩およそ1時間程度。見学、食事などの時間は含みません。

そして、今回の動画には、花いつ姐さんとコダ平さんが気が付かなかったこだいら名木百選のうちの一本をご紹介。この名木は小平市立第十三小学校内にありますので、正門からのご鑑賞をお願いいたします。
こだいら名木百選の詳細はこちら

どうぞ、お楽しみくださいませ。

鈴木マナ

  

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(0)小平歩き

    2014年06月20日

    グルメと見どころなこだいらのまち歩きのすすめ

    ある日の日曜日のお昼下がり。天気も良いのでどこかへ出掛けよう~!
    ということで、今日も探検隊の出動です♪

    まずは腹が減っては・・・・なので(笑)、ランチにありつけることにしよう。
    でも、どこへ食べに行こうか…?そうそう、個人的に前から1度行ってみたいなぁと思っていた「藤乃」さんへ食べに行くことにしよう~!
    「藤乃」さん鷹の台駅から5分程で北側の踏切のすぐそばです。
    店内に入るとピアノの音楽が静かに流れていて、心が落ち着きます。

    たかの街道沿いにあります。店内は和室のお部屋があり、座卓とテーブル席あります。

    さっ、何を食べよう~~~と、メニューを見て、あれもこれもと食べたいと、迷った末、「お刺身定食」にしました♪
    注文をして、しばし待ちの体制です…。

    そして、きました!美味しそう~~~~~♪

    当然ですが、完食です(笑)

    はい。お腹がとっても満足したところで、これからの季節に見どころの「あじさい公園」へ向かうことにします。

    と、「藤乃」さんの横の道を見たら、長い道があるなぁ~。と、知らなかったので、早速、これは寄り道ということで通ることにしました。畑と畑の間に道が続いてました。

    左の写真の道をまっすぐ行きますと、右の写真のような周りは畑一面が広がります。これは走りがいがあります…。たぶん、自転車でしか走りませんが(笑)

    「あじさい公園」は多摩湖自転車道(小平グリーンロード、狭山・境緑道)グリーンロード沿いにあり、西武新宿線小平駅より徒歩5分程です。
    まだ満開ではない頃に行きましたが、今後、訪れる頃には満開になっているかと思います。




    因みに、「第2回こだいらあじさい祭り」が6月18日(水)~6月21日(土)まで開催です。そちらにもぜひ。

    私は先月からの今月までピンチヒッターでレポートをさせて頂きました。今回で2回目ですが、探検隊のレポートが終わりです。
    小平は主に自転車で回ることが多く、以下にも書きますが、小平グリーンロードはご近所にあるだけに週末にはよく行きます。

    最後に私の小平のお気に入りを3つ程、挙げてみたいと思います。えっ、3つでは少ないですか?それでは、美味しいデザートも紹介します(笑)

    ぶるべーどら焼き:小平産のブルーベリーを使用。一橋学園・学園坂の「青柳」さんで販売しています。冷やしても美味しいと思います。


    小平グリーンロード:小平を1周21kmで緑に囲まれ、玉川上水と野火止用水が流れています。これから暑い夏を迎えますが、心地良い風が吹いていますと、一層涼しく感じる散歩道になるかと思います。
    同じ小平グリーンロードでも、玉川上水と野火止用水は景色が違います。どちらかといえば、後者の方が自然が多く残っているかと思います。


    青梅街道駅:単線であれど、この駅の特徴は、上下線の電車が1度に入線することが出来ない、都心に近い駅ながらも珍しいですね。


    杏's Cafe:小平へまち歩きをした後にひとやすみも兼ねて頂いてみてはいかがでしょうか?


    短い間でしたが、全2回、お読み頂き、ありがとうございました。
    これからはあなたもこだいらの探検をぜひ♪

    木村 祐輔  

  • Posted by こだいらネット at 18:59Comments(0)小平歩き

    2014年05月30日

    小平ぼちぼち散歩


    木々の緑も美しく、梢の間を吹き抜ける風も爽やかな季節です。今月は久々に、花いつ姐さんとコダ平さんの小平散歩が復活。
    いったい、どちらをぼちぼちと散歩なさったのでしょうか?

    ❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦

    小平花いつ:さあ、今回は久しぶりの小平散歩で、ちょいと初心者のようにウキウキドキドキの小平花いつでございます。
    夢見亭コダ平:只今おりますのは、小平駅。歩くと腹減る夢見亭コダ平でやんす。
    花いつ:これこれ、その言いぐさぁないだろ、久々の小平散歩なのに。
    コダ平:へへへ。で、今回のご趣向は?
    花いつ:観光小平市の決め文句をご存じかい?
    コダ平:ああ、ええっと「都心から一番近いプチ田舎」でしたっけ?
    花いつ:そうそう。前々回のこだいら探検隊でもご紹介があったよね。
    (前々回の記事はこちら)
    花いつ:では、田舎といえば?
    コダ平:じいちゃん、ばあちゃん。
    花いつ:では、じいちゃん、ばあちゃんといえば?
    コダ平:墓参り。(個人のイメージです)
    花いつ:そうだね。というわけで、
    コダ平:で、やってまいりましたのが、
    花いつ東京都小平霊園
       
    コダ平:わー、墓ばっかー。
    花いつ:だって、霊園だからね。
    今回は、小平霊園に眠る著名な方のお墓を参って、その業績に思いを馳せながら歩こうと。
    コダ平:ほうほう。でも、墓ばっか―!と思いましたが、ずいぶん木々もたくさんで。
    花いつ:新青梅街道沿いの入り口から入ると、すぐんとこに雑木林もあって、周りの草地ではくつろげるねぇ。
    今年はもう終わってるけど、桜の花も見事だよ。
       
    コダ平:今の時期の、あの白いのなんて言いましたっけ?
    花いつ:あぁ、エゴの木だろ?
    コダ平:そうそう。日本語で言うと自我の木。
    花いつ:いや、言わないから、言わないから。
    さて、まず、管理事務所にお寄りして、案内図を頂戴しよう。
    コダ平:ほうほう「著名人墓地」ってぇのも一覧になってて、えーっと、およそ50名様。
    花いつ:全部お参りするにゃ時間がかかりすぎるから、今回は数名様で失礼させていただこう。
    そうだ、ニュースでも話題になった樹林墓地が、ちょうど管理事務所の裏手になるからね。まずはここからお詣りしようよ。
    コダ平:わー、広々ー。樹林と言うにゃあ、ちょいと木々が少なすぎやしませんかい?
    花いつ:これから、おいおい植樹してくんだろうねぇ。一戸建てのお墓もいいけど、樹林墓地だと何だか地球の一部になるようで、気持ちがのびのびするようだね。
    コダ平:思いっきり骨伸ばせますねー。
    花いつ:何か違うよ。
    コダ平:別の場所にある芝生墓地だと、お隣さんと骨つなげたりして。
    花いつ:いやいや、接骨院じゃないんだから。
       

    コダ平:で、いよいよ、有名なお人のお墓参りでやんすね。
    花いつ:そうだね。ご面識はないと言いながらも、お墓参りだからね、ちゃんと墓前で手を合わせてね。
    まずは、童話作家の小川未明先生のお墓。

    あたしゃ、音が聞こえてきそうな『金の輪』の悲しさが印象に残ってるねぇ。
    コダ平:おいらは『赤いろうそくとにんぎょ』。
    花いつ:うん、これも名作だね。
    コダ平:おいらだったら、彼女になってくれんなら人魚だって大歓迎。生涯、誠心誠意、大事にさせていただきやす。ろうそくの替わりにスマホケースに絵を描いてもらって、これが大ヒット。左うちわで大儲け!
    花いつ:人魚迷惑な話だよ。
    (小川未明文学館のサイトはこちら)

    花いつ:お次は「民藝」という言葉をお作りになった柳宗悦先生のお墓。

    コダ平:和風ファミレスのオーナーさん?
    花いつ:違うよ。普段使いの器なんかの「無心の美」を認めて、民藝運動をお始めになった方さね。
    あたしも、大分県は日田の小鹿田焼なんぞ愛用してるよ。
    そうそう、ちょうど小平市平櫛田中彫刻美術館の夏の展示で民藝運動のお仲間、バーナード・リーチ先生や濱田庄司先生のお作を拝見できるんだよ。
    お墓まいりの後、電車でちょいと足をのばして、柳先生が愛した「素朴な美」を拝見するのもまた一興。
    コダ平:素朴な美かぁ。おいらのことみたいでやんすねぇ。
    花いつ:・・・かねぇ?
    コダ平:なぜ間が空くんでやんすか?
    花いつ:素朴は納得がいくんだけどねぇ・・・。さあ、次に行こうか。
    コダ平:あー、逸らされたー!逸らされた―!
    (日本民藝館のサイトはこちら)

    花いつ:さあ、こちらは壺井栄先生のお墓。

    コダ平:なんたって『二十三の瞳』が有名でやんすね!
    花いつ:二十四だよ『二十四の瞳』。
    コダ平:あ、えーと、伊達正宗が混ざってまして。
    花いつ:時代違いすぎますから。
    『二十四の瞳』もいいけれど、あたしゃ『私の花物語』も好きでね。
    親に邪魔にされてつけられた自分の名前が嫌いで仕様がない少女が、国語の先生にその名前を褒められ、自分の中に希望を感じる『すみれ』が特に印象に残ってるのさ。
    コダ平:姐さんは、時々乙女になりやすから。
    花いつ:ルビーのように美しい毒の実をつけて、子どもを傷つける『へびのだいはち』も、印象に残ってるね。伐られたへびのだいはちは、またいつか実をつけて子どもを害するんじゃないか、そんな怖さが残るね。
    コダ平:姐さんは、時々黒いつ姐さんになりやすから。
    (壺井栄文学館のサイトはこちら)

    花いつ:そしてこちらは、童謡の作詞で有名な詩人、野口雨情先生のお墓。

    北原白秋、西條八十と並んで童謡界の三大詩人とも言われてるお人だ。
    コダ平:ソソラ ソラ ソラ兎のダンス~♪
    花いつ:知ってるねぇ。『兎のダンス』
    コダ平:脚に赤靴 ラツタ ラツタ ラツタ ラ~♪じゃないですか『赤い靴』も作詞なさってるんですから、赤い靴好きでらしたんですかねぇ?
    花いつ:さ、さあ、どうだろうね?おまえさんから鋭い指摘があるとギクッとするよ。
    コダ平:ギクッてなんでやんすか、ギクッって。(プンスカ)
    で、姐さんは雨情先生の童謡だったら、何がお好きで?
    花いつ:そうだねぇ、あたしゃ『あの道この道』の「帰りゃんせ」と言ってるのに「だんだんおうちが遠くなる」という不安感、『四丁目の犬』の走って帰る子、泣いて逃げる子を四丁目の足長犬が三丁目の角で見ている不気味さが、曲調と相まって何とも好きだねぇ。
    コダ平:姐さんのお好きなのは童謡いうより動揺?
    花いつ:あははー、上手いこと言ったね。
    (野口雨情記念館のサイトはこちら)

    コダ平:いや、そー、明るく笑われても。あぁ、ビクビクしたら、腹減ってめぇりやしたよ。
    花いつ:そうだね、他にもお参りしたいお墓もあるけど、なにせ広い霊園だ。今日はこのあたりで、お昼にするかい。
    コダ平:賛成―!賛成―!

    花いつ:というわけで、東京街道を東へすすんでまいりまして、こちらは季節料理・寿司・鰻のさかり さま。
    コダ平:やはり、こちらではお魚をいただきたいでやんす。
    花いつ:というわけで、今日は海鮮のおちらしをいただきましょう。
       
    コダ平:うほほーい。ちらしずしに、サラダに、汁物に、デザートまでー!
    花いつ:これこれ、嬉しいのはわかるけど、あまりはしゃぐとご迷惑だろ。
    コダ平:こりゃ、面目ねぇ。
    花いつ:器も洒落てていいねぇ。目にもごちそうだよ。
    コダ平:おちらしにゃ、お魚にお野菜もあれこれ具だくさんでうまいでやんす。
    花いつ:で、あたしらが驚いたのが、
    コダ平:デザート、杏仁豆腐うまー!
    花いつ:中華のお店でもこんな美味しい杏仁豆腐は珍しいんじゃあないかい?
    コダ平:この杏仁豆腐、こちらのお店のお手作りだそうで。
    花いつ:幅広いレパートリーがおありのようだから、またおうかがいするのが楽しみだよ。

    コダ平:で、小平駅に戻ってきたところですが、姐さん、姐さん。
    花いつ:何だい?
    コダ平:何で今回の散歩は、ぼちぼち散歩なんで?
    花いつ:おや、まだお気づきじゃなかったかい?
    コダ平:へい。
    花いつ:今回は、小平霊園にお邪魔したろ?
    コダ平:え?じゃあ、姐さん、今回のぼちぼち散歩ってぇのは、墓地・墓地だったんですかい?
    花いつ:おや、やっとお気づきかい?
    コダ平:ベタすぎやでやんすよー!
    花いつ:おや、評価がはかばかしくないようで、残念。
    コダ平:墓だけにねぇ。

    ❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦❧❦

    意外と見どころ満載の小平霊園。今回お二人がお参りしたお墓以外にも『華岡青洲の妻』や『恍惚の人』、『複合汚染』などで有名な作家の有吉佐和子先生、『日本人とユダヤ人』で有名な山本七平先生など、思わぬ著名人のお墓にお参りできます。
    お二人がお昼ごはんをいただいたさかりさまも、本当に美味しい!お薦めですよ。
    では、今回の小平散歩の立ち寄り先と話題になっていた小平市平櫛田中彫刻美術館夏季展示、さかりの情報、そして、小平霊園の動画をどうぞ。

    小平霊園の詳細はこちら

    小平市平櫛田中彫刻美術館の夏季展示
    バーナード・リーチ、濱田庄司、荒川豊蔵、奥村土牛、大内青圃など小平市を訪問した芸術家の作品展示。
    期間:2014//5/28(水)-8/24(日)
    小平平櫛田中彫刻美術館のサイトはこちら

    季節料理・寿司・鰻のさかり
    こだいらネットのページはこちら



    鈴木マナ

      

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(0)小平歩き

    2014年05月19日

    週末のひとときな小平

    みなさま、初めまして。20日担当のレポーターになりました、木村です。どうぞ宜しくお願いします。

    小平歴はまだ浅くて3年目です。「こだいら探検隊」をお読みになられているみなさまの方がずっと先輩だと思います。
    休日にはグリーンロードの玉川上水を散策しています。今の時期は新緑と心地良い風で涼しく感じます。
    小平のまちでまだまだ冒険、探検の日が続き、初めて見るものがあったりすると楽しいです♪

    先週末は天気に恵まれ、小平市内ではさまざまなイベントが開催されました。

    その中、5月17日(土)、ブリジストン工場の敷地内で開催の「バスとタクシーのひろば in 小平 2014」へ行ってきました。多くの子ども連れの家族で賑わい、子どもたちはとても楽しそうにバスに乗ったりしてました。そして、大人は写真撮り放題でした~。


    いろいろなバスが勢ぞろいです。また、白バイに試乗(さすがに腰掛けるだけですが(笑))も出来ました。

     
    アニメ画像がペイントされたバス。カラフルですね。よくよく見れば、運転席には…!?


    ボンネットバスとタクシー。年代ものです。座布団も敷かれてますね。


    小平市内の一部区間で走行しているコミュニティタクシーとコミュニティーバスです。


    車いすも乗車できるタクシー。一般のタクシーと同一料金だとか。車いすの利用者と前には介助をされる方が乗車出来ますのでお近くの買い物に出掛けたり、通院等にも良いですね。

    翌日の5月18日(日)は新小平~玉川上水(鎌倉橋)あたりを散歩してきました。
    この日は市内を流れる用水路の「沼さらい清掃」で、毎年5月に用水路近隣の自治会などの協力により、用水路の沼さらい清掃を行っているとのことです。そのため、5月15日(木)から18日(日)まで水を止めて、19日(月)から通水のようです。

     
    こちらは新小平駅近くを流れる小川用水です。完全に水が止まってます。

     
    そして、たかの街道から少し入ったところから新小平駅南口の自転車駐車場の横はこのような道があって、かなり長いです。全力疾走でどこまで息が続くやらです(汗)なお、道幅は2m弱なので車は通れません。歩きだけでなく、自転車に乗って通る人もいます。

    右横の花壇はその道沿いにある鎌倉第1児童公園にあります。こちらの公園の真ん中に木が茂っているのですが、実はその木は桜で枝も下に下がることもあって、目線辺りでも桜の花が見られるのです。

    今日のお昼はどこかへ食べに行こうと、すでに決めていて(笑)、そのお店は青梅街道と府中街道の交差点から住宅街に少し入ったところにある「うどん弥 根古坂」」(ねっこざか)さんです。
    詳細は4月10日の足達レポーターの記事がありますので、そちらもご参照頂けたら良いかと思います(こちらはなるべくかぶらないようにします(笑))

    実は個人的には初めて食べに行くお店で、ずっと前から食べに行きたいと思っていて、それがようやく叶いました(笑)

    肉汁糧うどんを食べました。分量は普通の300gでお腹は満足でした♪


    その後、追加で、たまご焼きも頂きました。こちらも美味しかったです。
    他に、ちくわの天ぷらもあったのですが…こちらはまた今度にしました(笑)

    そして、煙がもくもくと…。お店の裏のお庭でバーベキューをされている団体さんがいました。メニューにバーベキューのことが書いてあることを知らなかったので、店主さんにお訊きしたところ、バーベキューも出来るということで、10名で1人2,500円とのこと。食材も決まっていて(もちろん、糧うどんもあります)、飲み物付きです。

    こちらでバーベキューをされていました。さすがにまともには撮れませんでしたので、ひそかに影で…(汗)

    バーベキューといえば、いつぞや、ご近所で多くの方(親族かな?)が集まられて、お庭でバーベキューをされているのを見たことがあって、羨ましいなぁ~って思いました。でも、こちらでしたら、思う存分に出来ますね♪

    それでは、また来月20日にお目に掛かりましょう♪  

  • Posted by こだいらネット at 23:14Comments(0)小平歩き

    2014年03月20日

    ご縁でつながる100縁商店街

    3月15日土曜日は、花小金井光ヶ丘商店街にて「第10回100縁商店街」が開催されました。
    第1回が開催されたのは2010年11月とのことです。

    100縁商店街チラシ

    さて、私は今回、初めて訪れたのですが、100縁商店街ってどんな感じなんだろう。なんでも100円なのかなあ。
    と興味津々で花小金井南口からてくてく歩くこと5分。
    小金井街道を挟んで、前方に100縁商店街と書かれたのぼりを発見。ワクワクしながら、歩き進んでいきました。


    100縁商店街は11時~15時のはずですが、10分前に「もう売っちまえ~」と威勢よく売り出された「スナックまこ」さんの
    「黒焼きそば」。100円です。
    写真は撮り忘れました。ごめんなさい。

    事前情報で「唐陶園」さんの「100円ラーメン」がおすすめだと聞いていたので、100縁商店街の終点にある「唐陶園」さんを目指します。
    が、どのお店にも「え?これが本当に100円?」と目を疑いたくなる商品が目白押しなので、ついつい、何度も立ち止まってしまいます。

    マツタケご飯100円、おでんも100円、唐揚げも100円、コロッケ2個で100円、タコ焼きも100円…。
    商店街の中ほどにあるファミリーマートでもジュース類の一部が100円で売り出されていました。
     

    お財布に優しいです。そもそもなぜ、100円なのか?

    「こだいら探検隊」の2011年6月で取材されていたので、そこから引用させていただきますが、
    活気が薄れつつあった「光ヶ丘商店街」をなんとか盛り上げたい、と思った当時の商店街役員の方が一念発起、
    山形県の斎藤一成さんがやっていた「100縁商店街」を参考に、この催しを「光ヶ丘商店街」でもやろうと決断。
    商店街みんなで100円でものを売って、お客様に来ていただいて楽しんでいたたき、
    たくさんの縁を作るというのが「100縁商店街」の狙い。商店街の皆様の賛同を得るのも大変だったと思いますが、
    その試みは大成功。第2回目はなんと東日本大震災の翌日だったとか。実施するかどうしようか迷ったあげくに実施。
    商店会ではペットボトル募金箱を22店に設置し、義援金を集め、商店会からの募金も合わせ、
    163,815円を5月に市を通して募金されたそうです。また、同じ年の5月22日には光ヶ丘ふれあいスペースで
    「東日本大震災支援ライブ」も開催されました。
    その様子はコチラ→ http://ameblo.jp/jimmysparadise/entry-10902291537.html

    商店街を通して人のつながり、思いやりが育まれている、そんな100縁商店街、初めて参加した私もとってもワクワクして、
    100円玉をにぎって子どものようにはしゃいでしまいました。

    八百屋さんに並んでいる、大根、ネギ、ジャガイモ、玉ねぎ、ニンジンなどなども100円。
    今晩のおかずには事欠かないですね。あっという間に人だかりができてしまいました。


    あれ?自転車屋さんの店頭で「広島風お好み焼き」なんて焼いてますね。

    とんぺい焼き1 とんぺい焼き2

    私は小手調べに「とんぺい焼き」を頂きました。薄いクレープの様な生地に豚肉が乗っています。
    美味しいです。朝ごはん抜きできた甲斐がありました。ラーメンにたどり着くまでに、誘惑が多い事、多い事。

    ベーカリー「サンマルタン」さんの店頭ではフランクソーセージパン、マドレーヌ、チョコラスクなどなど、
    すべて100円。ハイエナのように群がる人々。
    サンマルタンのパン 群がる人々

    そしてようやく、お目当ての「唐陶園」さんの100円ラーメンに到着。まだ11時を少し過ぎたくらいだったのに、既に列ができていました。
    5分程待ってやっと注文、そこからさらに5分ほど待って、ラーメンをゲット。休憩コーナーでゆっくり頂きます。

    ラーメンの列

    100円ラーメン 休憩コーナー

    100円ですが、小腹は充分満たされる量だし、チャーシューもメンマも入ってます。満足、満足。

    たまごやき

    喜久鮨さんの店頭では、自家製のた玉子焼き、マグロ煮、千葉県産焼き海苔が飛ぶように売れていました。

    私が先程、食べた「とん平焼き」のサンワサイクルさんでは、広島風お好み焼きが「今、焼いてる分は予約で完売です。」の声。

    さてさて、今日のお目当て第二弾は「もろこしボーイズ」の街頭ライブです。
    お昼頃に「サンマルタン」の前あたり、という情報を事前にチェック。
    「ル・パティシエ クニヒロ」さんの100円プリンを食べながら、もろこしボーイズの登場を待ちます。
    ちょうど、休憩コーナーで前に座った親子と会話もはずみます。100縁商店街が楽しみで毎回、来てしまうとのこと。
    その気持ち、わかります。

    そしてお待ちかね、もろこしボーイズの登場です。もろこしボーイズは2人組。
    京都府京丹後市網野町出身の三浦さんと、秋田県男鹿氏五里合出身の畠山さんの二人組。

    もろこしボーイズ

    アコースティックギターで二人ともすごい地元訛りで歌います。お二人にとっては小平は第二の故郷なのでしょうか。
    歌詞には商店街に対する思いやりの気持ちがこめられていました。
    個人的には「ウイスキー父ちゃん」が気に入りました。ライブ後、握手を求める小学生もいたりして、100縁商店街を盛り上げます。
    「2ステージ目はファミリーマートさんの前で歌います!」と一言残して去っていきました。

    お腹がいっぱいで残念ながら、手が出ませんでしたが「黄金茶屋」さんの「小銭焼」も100円でした。



    次回は必ず食べてみたいと思います。

    そして最後にお惣菜屋さんで「普段は1個70円のところ、2個で100円だよ。お得だよ!今日の夕ご飯に決まりだね!」の声に負けて、購入。

    コロッケ

    言われた通り、夕ご飯に頂きました。買い物だけじゃなくて、お店の方と必ず会話がはずむ100縁商店街。
    「たくさんのご縁ができますように」の願いは脈々と受け継がれているようです。ずっと続いてほしいイベントですね。

    こだんみつ
      

  • Posted by こだいらネット at 13:02Comments(0)小平歩き

    2012年12月30日

    小平新春散歩

    今年も残り僅か。忙しい時節ですが、こちらのお二人はゆっくりお散歩。
    あぁ、何だかうらやましい・・・。
    ❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆
    小平花いつ: 大晦日も目の前。お正月のご準備はおすみでしょうか?小平花いつでございます。
    夢見亭コダ平:おせちでは栗きんとんが大好物の夢見亭コダ平でやんすー。
    花いつ: これこれ、いきなりおせちの話題かい?
    コダ平:ええ、あれ大っ好きなんですよー。
    花いつ: おまえさんが嫌い食べ物を思いつかないけどねぇ。
    さて、今回の小平歩きは、新春にお楽しみいただける「小平新春散歩」とまいりますよ。
    コダ平:わー、姐さんも気が早い。
    花いつ: 気が早いったてもう少っしでお正月だよ。
    今は、皆さまお忙しいだろうしね。
    コダ平:皆さま「貧乏暇なし」ですか?
    花いつ: 何て失礼なことを!年の瀬は大掃除やらお正月の準備でやらなきゃならないことがたくさんあるんだよ。
    コダ平:あぁ、それなのにそれなのに、オイラたちは小平市内をほっつき歩こうと。
    花いつ: そういう、突っ込まれたくないとこに突っ込むんじゃないよ。
    コダ平:えへへー、オイラ「余計なところにゃ鋭い」って言われるタイプで。
    花いつ: 余計なとこは置いておいて、今回は年末も楽しめるけれど年明けにもお楽しみいただけるお散歩コースをご紹介いたします。
    コダ平、先ず、今いる場所のご紹介を。
    コダ平:へいー。只今おりまするのは、小平駅。
    花いつ: 今年の初めは花小金井駅南口で小平市消防団出初式を拝見したね。
       
    コダ平:消防車、恰好よかったー。
    花いつ: お子さまたちと一緒になって手を振っていたっけね。音楽隊の皆様の演奏も楽しかったよ。
    コダ平:一斉放水も大迫力でしたね。
    花いつ:今回は2013年の出初式をここ小平駅前で拝見してから、お散歩をするというおつもりで行こうと思うんだよ。
    (2013年の小平市消防団出初式は2013年1月11日(金) 10:00~12:00、場所は小平駅南口)
    コダ平:はいはい「シミトレナイ」という…。
    花いつ:それを言うならシミュレーションだよ。
    コダ平:若者言葉は難しい。
    花いつ:それも違ってるけどね。
    コダ平:じゃあ、まず小平駅南口ロータリーで消防自動車の隊列に感動して、音楽隊の演奏に感動して、カラーガーズ隊の演技に感動して、そして一斉放水に感動して、こんだけ感動すると、感動的に腹が減る。
    花いつ:妙な感動だよ。でも、一斉放水の後はちいっとばかしお寒く感じるし、お時間も良い頃間だ。お店に入ることにしよう。
    コダ平:そうしよう、そうしよう。
    花いつ:こちら、6月の「紫陽花散歩」で夜におうかがいしたごはん処ぶら~りさま。
       
    今日は、お昼をいただこう。
    コダ平:いやっほー!お野菜は小平産のものが中心で、やさしいお味つけになごみますなー。
    花いつ:駅からお近いのも便利がいいよね。
    さあ、お腹ができたら歩くよ。
    コダ平:へいへい。お伴いたしやしょう。
    花いつ:こちら、グリーンロードの狭山・境緑道
    こちらも「紫陽花散歩」ん時に歩いたコースだね。
    (6月の紫陽花散歩の様子はこちら
    コダ平:姐さん、ちょいとお手抜きでは?
    花いつ:あーん?あー、わかったよ、わかったよ。じゃあ、今日は思いっきり手ぇ抜いて、お茶の時間も抜いていこうか。
    コダ平:ええーっ!そんなぁぁぁー!
    花いつ:さあ、キリキリ歩いた、歩いた。
    コダ平:散歩というより、なんだか市中引き回しみてぇな気分になってめぇりやしたよ。
    この道沿いにゃ、色々、凝り固まってるのがありやすね。
    花いつ:凝り固まってるのって、ブロンズ像のことかい?
    コダ平:カバはいたけど象はいないんじゃあ。
    花いつ:動物の象じゃないよ、ブロンズ像。彫刻のことだよ。
    コダ平:ああ、インド象の親戚のブロンズ象ってぇのが歩いてるのかと。
    花いつ:野良象が歩いてたら驚くじゃあないか。
    こちらは「齋藤素巖・彫刻の小径」。近代彫刻の旗手のお作をお散歩しながら拝見できる。
    コダ平:わー、やっぱりお偉い先生だからお名前の画数が多いんですかねぇ。
    花いつ:関係ないだろうねぇ。
    コダ平:オイラなんざぁ「コダ平」ですからね。偉くなりそうもねぇや。
    花いつ:だから、関係ないだろうって。
    コダ平:小平駅側からですと「競技への招待」から始まりますね。
    花いつ:躍動感が素晴らしいよね。
    コダ平:「足元なんぞピチピチ」という表現がぴったり。
    花いつ:その先の「自然科学者」。これがあたしのお気に入りでね。こりゃファーブル先生じゃないかと。
       
    コダ平:「昆虫記」の先生ですね。
    花いつ:夢中になって読んだものだよ。「かまきり」なんかねぇ。
    コダ平:姐さんー、怖いですよー、食われそうでー。
    コダ平:歩いて参りまして、この「遺失物」は、オイラのお気に入り。お題も凝ってるしキツネの「してやったり」顔が笑えます。ところで姐さん、ここいらでちょっと。
    花いつ:そうだね、じゃあ、小平ふるさと村で少し休もうか。
       
    麦もすくすくと育ってるし、水車のゆっくり回るさまを見ていると、気持ちがのんびりしてくるよ。
    コダ平:え、ええ・・・。そりゃそうなんですが。
    花いつ:それから年明けには1/8(火)-15(火)に あぼひぼ飾りやまゆ玉飾りの展示を拝見できるよ。さ、休んだかい?じゃあ先に進むよ。
    コダ平:へ、へぇ。
    花いつ:こちらはたけのこ公園。「エゴイスト」って作品は皮肉が効いてるねぇ。

    コダ平:「坊主丸儲けの図」でやんしょうか。おいっ!独り占め止めねぇ気か?そんな了見なら、オイラが全部持ってっちまうぞ!
    花いつ:これこれ、それじゃあお前さんがエゴイストだよ。
    コダ平:えーえー、そんな気にもなりやすよー、お昼いただいてっから、飲まず食わずであるいてんですからねー。
    花いつ:何をぶーたれてんだかねぇ。
    コダ平:だぁってぇ~、だぁってぇ~。
    花いつ:おまえさん、お子さまかい。ええっと、もうそろそろ・・・あ、こちらだ、こちら。
    CAFE&ドライフラワー おいしい時間さま。
       
    コダ平:おお!オイラにピッタリな上品な空間。
    花いつ:たった今ダダこねてた奴がどの口で「上品」だってぇ?
    コダ平:これこれ、姐さん、お品がありませんよ。オイラ、ブレンドとケーキセットお願いいたします。
    花いつ:なんだい、美味しいものがいただけそうだってなると余裕みせて。
    しかし、こちらのお店、雰囲気もいいだろ?あちらこちらにドライフラワーが飾ってあって。
    ドライフラワーのアレンジメントのお願いもできるし、お教室もあるんだよ。ランチ付きの1日レッスンでも、素敵なアレンジメントを作れそうだよ。
    コダ平:あちらのリースなんざ、しっとりとしたいいお色で。
    花いつ:おや、おまえさんも良いご趣味になったねぇ。
    コダ平:いや、しっとりとしたお色具合が和菓子のようで、うまそ~~~。
    花いつ:おまえさんのその一途さはある意味、尊いね。
    コダ平:いやぁ、照れるなぁ。それほどでも。
    花いつ:それほど褒めちゃないよ。
    さあ、ゆっくりとくつろいだところで、また歩こうかね。
    コダ平:合点!
    花いつ:ほら「子供と仔鹿」に「海驢(あしか)と子供」。
    コダ平:動物とお子さまシリーズですね。
    花いつ:「子供と仔鹿」は、ほのぼのとするね。
    コダ平:「海驢と子供」はちょっぴりヤンチャな感じ。海驢の表情もなんかのほほーんとしててなごみますね。
    花いつ:おまえさんも「見る楽しさ」を覚えたようじゃないか。
    コダ平:で、海驢って食えるんですかねぇ?
    花いつ:ありゃりゃ。
    コダ平:さてさえ、花小金井の駅前に出てめぇりやした。
    花いつ:駅のお近くで、喉を潤してお開きとするかい?
    コダ平:賛成―!
    花いつ:こちらせいぶ通りにある喫茶&PUBしんしんさま。
       
    コダ平:ジャイアントパンダみてぇなお名前ですなぁ。
    花いつ:お客さまが「心身ともに健やかで」という願いがこめられているそうだよ。
    コダ平:ほうほう。そりゃ、嬉しいですねぇ。
    花いつ:おうどんも、最初はトリ南蛮だけだったのが「トリを食べられない」というお客さまのために、もう一つおうどんのメニューを増やしなさったそうだよ。
    コダ平:お客さまとのやりとりが目に浮かぶようでやんすね。
    花いつ:一日を通してランチをなさってる。これも、時間が不規則な勤め人には嬉しいよね。
    コダ平:じゃあ、オイラ、ランチを!
    お客さまのことを考えてくださっての終日ランチ。義を見てせざるは勇無きなり。
    花いつ:いや、意味わからないから。ランチで大丈夫なんだね。
    コダ平:もちろん!残すような罰当たりな真似はいたしやせん。
    花いつ:おまえさんは、本当においしそうにペロリとたいらげたねぇ。見てて気持ちいいよ。
    それでは新しい年が、皆さまにとっても、楽しく、健やかで、希望に満ちたものでございますようお祈り申しあげます。
    そして、こだいらネット、こだいら探検隊をお楽しみいただき、お引き立ていただけますよう御願い申しあげます。
    コダ平:新しい年も、いろいろとおいしいものをいただきてぇでーす!
    花いつ: わざわざおことわりするまでもないと思うけどねぇ。
    コダ平:いえいえ、年末年始のけじめは大切でやんす。
    それでは、どうぞよろしく~!
    ❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆
    年の瀬の慌ただしい時だから、ちょっとお散歩で気分転換になるかもしれませんね。
    花いつ姐さんとコダ平さんが観きれなかった彫像もまだまだあります。
    それでは、皆さま、どうぞよいお年を。
    そして、年明けに読んでいただいている方もいらっしゃるかもしれませんね。
    あけましておめでとうございます。
    2013年も、どうぞ「こだいら探検隊」をよろしくお願い申しあげます。

    そして今回のお散歩コースの動画と、立ち寄りポイント情報をどうぞ。

    鈴木マナ

    -今回のコースと立ち寄りポイント情報と地図-
    ①小平駅

    ②小平市消防団出初式
    日時:2013年1月11日(金) 10:00~12:00
    場所:小平駅南口広場
    詳細はこちら

    ③ごはん処 ぶら~り
    所在地:東京都小平市美園町1-32-1
    営業時間:11:00-14:00、17:00-22:00(L.O.21:30)
    定休日:日曜
    詳細はこちら

    ④齋藤素巖・彫刻の小径(2キロメートル程度)
    詳細はこちら

    ⑤小平ふるさと村
    開園時間:10:00-16:00
    休園日:月曜、第3火曜。年末年始休園は12/27-1/5
    公式サイトはこちら

    ⑥CAFE&ドライフラワー おいしい時間
    所在地:小平市花小金井6-45-25
    営業時間:9:00-17:00
    定休日:月曜、1・3火曜
    小平ネットのサイトはこちら

    ⑦喫茶&PUB しんしん
    所在地:小平市花小金井南町2-18-3 花小金井スカイハイツ101
    営業時間:11:00-22:00
    定休日:月曜、第2日曜
    公式サイトはこちら

    ⑧花小金井駅

    地図1

    ←クリックすると大きく表示されます。


    ①小平駅→②小平駅南口広場→③ごはん処ぶら~り→④齋藤素巖・彫刻の小径
    徒歩およそ30分程度。見学、食事などの時間は含みません。

    地図2

    ←クリックすると大きく表示されます。


    ④齋藤素巖・彫刻の小径→⑤小平ふるさと村→⑥CAFE&ドライフラワー おいしい時間→⑦喫茶&PUB しんしん→⑧花小金井駅
    徒歩およそ1時間程度。見学、食事などの時間は含みません。
      

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(0)小平歩き

    2012年11月30日

    小平秋のお花見散歩

    めっきり寒くなってまいりました。
    冬ごもりをしたくなる日もありますが、お天気がよいと外歩きも魅力。
    今日の花いつ姐さんとコダ平さんは、どちらでしょうか?

    icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32"/   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32"/   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32

    小平花いつ:はい、本日は八坂駅前におります小平花いつと、
    夢見亭コダ平:夢見亭コダ平でやんす。
    花いつ:木々の葉も色づいて、舞い落ちるこの頃に意表をついて「お花見散歩」とまいりましょう。
    コダ平:姐さん、姐さん、気を衒いすぎじゃあござんせんか。だいたい今時分に花なんて。
    花いつ:いやいや、いつの季節にも花は咲いてるよ。目立つ、目立たないの違いはあってもね。
    コダ平:そうですかぁ?
    花いつ:だまされたと思ってついておいで。
    コダ平:へーい。じゃあだまされたと思ってついてめぇりやすよ。
    花いつ:八坂駅から府中街道をちょいと南に進むと、左手にダイエー小平店さま。
    そこを右に曲がると、九道の辻公園野火止用水緑道
        
    コダ平:春なら桜が見事なんですがねぇ。
    花いつ:でも、渋く赤味がかった侘びた葉色もいいもんだろう。
    コダ平:姐さんくらい古びてくると侘びた良さがわかるのかもしれませんが。
    花いつ:なんだってぃ?
    コダ平:いえいえ、侘びます。じゃねぇ、詫びます、詫びます。
    花いつ:今日は昼餉抜きで歩こうかねぇ。
    コダ平:ええーっ!
    花いつ:あはは、嘘だよ、嘘。お前さんの顔の色の変わりように落葉するんじゃないかと驚いたよ。ちょいと早昼にしようかね。
    コダ平:もー、姐さんー、脅かさないでくだせえよ。
    花いつ:今日の昼餉は、こちら家庭料理の店ふらりさま。
          
    コダ平:わー!前を通るたんび、気になってたんすよ。でも、おいら一人じゃちょいと気おくれして。
    花いつ:おやまあ、おまえさんにそんな繊細なとこがあったとは。
    コダ平:こう見えて、おいらガラス細工のように傷つきやすいんですから。
    花いつ:冗談は聞き流して、今日はお天気もいいし、テラス席でいただこうか。
    コダ平:いいですねー。えーっとメニュー、メニュー。
    花いつ:切り替えの早いこと。
    コダ平:あー、手作りのお料理が美味いっすねぇ。
    花いつ:お花や手作りの小物で飾られたお店も楽しいし、意外にもボリュームも十分なお献立も嬉しいね。
    コダ平:これで、歩いていく元気もつきやしたよ、当面は。
    花いつ:「当面は」ってとこに含みをもたせるじゃないか。
    コダ平:先を見通した発言でやんす。
    花いつ:じゃあ、当面はお腹も満足ってことで、野火止用水緑道を歩くよ。
    コダ平:合点承知。
    花いつ:武蔵野の面影を感じるね。
    コダ平
    かつて日差しを遮りし木々の葉は
    今や朱に黄に染まりて地を覆い
    我ら歩む旅人は、足元の
    移ろう時を伝うる音を楽しむ
    花いつ:おやおや、詩人だねぇ。
        
    コダ平:あ!どんぐりだっ!食べられますかねぇ?
    花いつ:渋抜きすれば、食べられるかもねぇ。
    コダ平:あ!きのこだっ!食べられますかねぇ?
    花いつ:命の保証いらなきゃ、食べられるかもねぇ。
    って、なんだよ。今、昼餉いただいたばかしだろ。
    コダ平:詩情に接すると、腹が減るタイプで。
    花いつ:珍しいタイプだよ。
    コダ平:ここいらは、7月の「小平水散歩-西域編-」で歩いたあたりでやんすね。
    (7月の散歩の様子はこちら
        
    花いつ:7月とは様変わりだね。その時、その時の違う良さが楽しめるよ。
    コダ平:あの時分に比べると、空気も乾いて、喉を潤したくなりますね。
    花いつ:はいよ、謎かけなくたってわかってるよ。
    こちらカフェテラスえごの樹さまで一休みしよう。
        
    コダ平:わーい!わーい!
    花いつ:あたしゃ、温かい珈琲を。
    コダ平:おいらは焼きサンドイッチのセット!
    花いつ:歩く「食欲の秋」だね。焼きサンドイッチは、ちょいとお時間がかかるそうだよ。
    コダ平:待ちますよー。昔っから言うじゃありやせんか「急いてはサンドを仕損じる」。
    花いつ:いや、言わない、言わない。
    コダ平:こちらさまは、軽食も飲み物もおいしいですが、飾ってあるアート作品も結構なもんですねぇ。
    花いつ:奥のギャラリーと合わせて作品展が開かれてることもあるから、倍楽しめるよ。
    コダ平:あー、腹がくちくなったら、お庭を拝見する余裕もできやした。
    花いつ:その余裕があるうちにお庭を拝見して、次いくよ。
    東京都薬用植物園さま。
        
    コダ平:おー、東大和市駅のすぐそばにありますが、こちらも小平市。
    花いつ:色々な植物が用途ごとに植わってるのが面白いよね。
    コダ平:有毒植物区なんて、スリルがありやすね。
    花いつ:今日はあいにく予定が合わなかったけれど、花咲案内人とおっしゃるボランティアの方が説明もしてくださるんだよ。
    コダ平:そいつあ、残念。次を楽しみにいたしやしょう。
    製薬原料植物区を抜けると、ふれあいガーデン草星舎さま。
    花やハーブなどの苗、小平市内の施設のクラフト製品や天然酵母ベーカリーバリーさまのパンもお取扱いですよね。
    (こだいら探検隊の天然酵母ベーカリーバリーの記事はこちら)
    花いつ:そうそう。
    色々なイベントも開いてなさるし、それにこちらのお人も、園内の草木にお詳しくていらっしゃる。
    コダ平:ちょっと風が冷たくなってめぇりやした。
    花いつ:じゃあ、温室を拝見しようか。
    コダ平:わー、常夏だぁー。
    おーおー、見たこともない南の国の花々が。
    花いつ:ここなら、これから寒くなっても大丈夫。季節を忘れる楽しさだね。
    さて、ここいらで、東大和市駅に出て今回はお開きって心づもりだけど、あたしゃもう一軒お寄りするよ。
    コダ平:えー、姐さん、お一人でおいしいものでもいただこうって寸法じゃあございやせんか?
    花いつ:さすがに、いい勘をしてること。
    こちらのそうざい店渡部さまで、おそうざいを夕餉のおかずにと思ってね。
         
    コダ平:あー、やっぱりー、自分ばっかー、おいしーものをー、ずーるーいー!
    花いつ:こらこら、お子様じゃあないんだから。
    コダ平:あれ、何ですか?この緑色の提灯は?
    花いつ:これは地場産品応援のお店の証さ。
    こちらは、お野菜はすべて小平産のものを使ってらっしゃる。
    コダ平:地産地消ってやつですね。
    花いつ:加えて、添加物ゼロの手作りのお品ばかり。昔っから「一里四方のものを食べていれば病知らず」なんて言われるからね。風邪も流行るこれからの季節、地元のお野菜で、おいしく病を予防しよう。
    コダ平:白いおまんまに合いそうですが、てぇことはお酒にも合うってことで。ええっと、これと、これと、これと・・・。
    花いつ:おいしくて身体にいいからって、食べ過ぎて腹こわしちゃあ元も子もないからね。
    コダ平:いやいや、しかし、この時節にお花見散歩って、どうなるかと思いやしたが、どうして、どうして、色々なお花が咲いてましたねぇ。
    だけど姐さん、もしもお花がない時にゃ、どうするおつもりだったんで?
    花いつ:こちらのおそうざいに「カリフラワー(ハナきゃべつ)のサラダ」があるじゃあないか。
    コダ平:それじゃあ、お花見じゃあなくって、お花食いでさぁ。
    花いつ:でなきゃあ「あたしという花がいっしょだったろ」と言うハナれ技を使うつもりだったさ。
    コダ平:そいつぁ、ハナはだショッてらっしゃる。

    icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32"/   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32"/   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32   icon32

    ずいぶんと強引なオチのお二人ですが、秋のお花見散歩いかがでしたでしょうか?
    桜のお花見と違って、ちょっぴりスローペースでお花や紅葉、色づいた木の実などを探しながら歩くのも楽しそうですね。
    お天気の良い日には暖かく着込んで、お散歩してみましょうか?

    それでは、今回のお散歩コースと出会った草木をまとめた動画、そして今回の立ち寄りスポット情報をどうぞ。
    鈴木マナ




    -今回のコースと立ち寄りポイント情報と地図-
    ①八坂駅

    ②九道の辻公園
    詳細はこちら
    所在地:小平市小川東町2-3-4

    ③家庭料理の店 ふらり
    詳細はこちら
    所在地:小平市小川西町3-8-15
    営業日時:水、木、金、土曜11:30-22:00
    備考:4人以上の場合は、3日前までに要予約

    ④野火止用水緑道
    詳細はこちら

    ⑤カフェテラスえごの樹
    詳細はこちら
    所在地:東大和市向原5-1144-14
    営業時間:10:00-18:00
    定休日:月曜、1・3火曜

    ⑥東京都薬用植物園
    公式サイトはこちら
    所在地:小平市中島町21-1
    開園時間:4-9月=9:00-16:30、10-11月=9:00-16:00
    休園日:6-3月の毎週月曜、年末年始

    ⑦そうざい店渡部
    こだいらネットのサイトはこちら
    所在地:小平市小川町1-406-3
    営業時間:10:00-19:00
    定休日:木曜、第3日曜

    ⑧東大和市駅

    地図1
    ①八坂駅→②九道の辻公園→③家庭料理の店ふらり→④野火止緑道
    徒歩およそ1時間程度。見学、食事などの時間は含みません。
    ←クリックすると大きく表示されます。



    地図2
    ④野火止緑道→→⑤カフェテラスえごの樹→⑥東京都薬用植物園→⑦そうざい店渡部→⑧東大和市駅
    徒歩およそ30分程度。見学、食事などの時間は含みません。
    ←クリックすると大きく表示されます。
      

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(3)小平歩き

    2012年10月30日

    小平お祭り散歩 小平市民まつり報告と産業まつり予告

    秋本番、ここ小平市も秋のイベント、おまつりが目白押し。
    いつもお散歩の花いつ姐さんとコダ平さんですが、今回は、いつもと少し様子が違うようですが。
    ▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
    小平花いつ:ひと月ぶりの小平花いつと、
    夢見亭コダ平:「村の鎮守の神様の~♪」っと、お祭り大好きの夢見亭コダ平でやんす~!
    小平花いつ:さて、今回は、先日行われた小平市民まつりのご報告と、
    夢見亭コダ平:来月行われます小平産業まつりの予告編と、いつもとちょっとご趣向を変えてのご案内。
    おまつりにうかがうってぇと、ついついたくさん歩いてしめぇますからね。
    小平花いつ:おまつりを楽しみながら、気が付いたらお散歩してた、というのが今回の小平おまつり散歩の目当てでござんす。

    -第37回小平市民まつり2012/10/21(日)報告-
    小平花いつ:先ずは、先だっての小平市民まつり。
    お天気にも恵まれて汗ばむ位だったね。
    夢見亭コダ平:おいら達もそれなりに早めにでかけたんですがねぇ。
    小平花いつ:姉妹都市、北海道は小平町の物産コーナーは大行列だったねぇ。お早い方は、朝の6時からお並びだったとか。
    夢見亭コダ平:小学生くらいのお子さまもいたね。
    小平花いつ:おっかさんに頼まれたのか。
    夢見亭コダ平:「ここなら、ホタテ大丈夫!」と嬉しそうでやんしたね。
    小平花いつ:お子さまは美味しいものに敏感だからね。
    恒例のお楽しみになってるってとこも嬉しいじゃないか。

    夢見亭コダ平:小平町さまの列に並ぶのは諦めやしたが、お楽しみは他にもいっぱい。農産物や小平ブランド、洋菓子、和菓子。
    小平花いつ:震災復興応援の岩手、宮城、福島の物産コーナーもあったね。
    夢見亭コダ平: 忘れちゃあいけねぇ、震災の被害。
        
    小平花いつ:でも、市民まつり、食べるものばかりじゃあない。
    夢見亭コダ平:そうそう、飲み物も。
    小平花いつ:いや、そうじゃなくって、ステージの発表やら、パレードなど、拝見して楽しめる出し物も色々あったろ。
    夢見亭コダ平:ああ、腹に溜まらない系。
        
    小平花いつ:どういう分け方なんだか。
    今年も、大人みこしは見ごたえあったね。
    夢見亭コダ平:迫力満点のまといやまんどうがあったり、ご近所の神社のおみこしがあったり。
    小平花いつ:とりは「鈴木ばやし」の屋台。
        
    夢見亭コダ平:今年はお獅子がガオ~ッと。
    小平花いつ:いや、吼えちゃあいなかったよ。
    夢見亭コダ平:まあ、その位の迫力で。
    小平花いつ:楽しかったけれど、これは今年は終わったおまつり。
    夢見亭コダ平:人が行った話だけじゃあ悔しい!という方もご安心。
    第24回小平市産業まつりがあなたをお待ちしておりやすよ。

    -これからです!第24回小平市産業まつり-
    小平花いつ: 今年は、11月10日(土)は10:00-16:00と11日(日)は9:00-15:00の二日間。
    場所は、昨年と同じ福祉会館前市民広場を中心に、盛り上がりますよ。
    (第24回小平市産業まつりのご案内はこちら)
    産業まつりは、昨年の画像を交えてのご案内と参りましょう。
    夢見亭コダ平:産業まつりと言やぁ、先ずはお野菜の「宝船」ですな。
    「波乗り舟の味のよきかな~」なんてね。
    小平花いつ:すべて小平産のお野菜で作られた宝船。
    これに使われたお野菜は2日目に「宝分け」で配られるからね。
        
    夢見亭コダ平:「綺麗、目出度い、旨い」と三拍子そろった「デキる舟」でやんす。
    小平花いつ:農業関係だと農産物品評会に出品されたお野菜のお披露目もあるね。
    夢見亭コダ平:「真打、名人を夢見る大根がここにいる」
    小平花いつ:妙な表現だね。
    夢見亭コダ平:そのくれぇ気合が入ってるってことで。もう、おいらよりも気合十分で。
    小平花いつ:気合で大根に負けるのはおよしな。
    夢見亭コダ平:品評会のお品も、2日目の午後にお買い求めいただけやすが、昨年はすごい行列でしたねぇ。
    小平花いつ:年に一度のお祭りで、行列するのも楽しみさね。
    でも、お野菜の販売コーナーもあるから、そちらでお買い求めもいただけるさ。
    夢見亭コダ平:昨年は、朝一番でお野菜をお買いになると、ご帰宅という風情の方もいらっしゃいましたね。
    小平花いつ:お野菜は重いからねぇ。お気持ちはわかるけれど、見どころもいっぱいの産業まつりだから、荷物を置いて、ぜひまたいらしていただきたいね。
    夢見亭コダ平:姐さんだって、昨年は色々お買い求めになりましたよね。
    小平花いつ:そうそう。小平酒商組合さまのプレミアムブルーベリーワインだろ、北海道物産コーナーさまのほたてだろ、商工会婦人部さまお手製の小平産野菜のキムチだろ、お花の苗に、そうそう、たかの台郵便局さまのブースで年賀はがきも買ったよ。
        
    夢見亭コダ平:わー、色々お買い上げで。
    その日の晩のお惣菜から年末の準備まで揃う、小平産業まつりでござんすね。
    小平花いつ:キムチはおまえさんにもおみやにしただろ。
    夢見亭コダ平:ありゃあ、美味かった!毎年、お楽しみになさってる方も多いというのもよくわかりやすよ。
    小平花いつ:恒例のお楽しみもあれば、新しい企てだってある。
    昨年から始まった「ものづくり体験コーナー」もその一つ。
    夢見亭コダ平:おいら、昨年、参加しようとしたけれどダメでした。
    小平花いつ:あれに参加できるのは小学生じゃないか。
    夢見亭コダ平:心は小学生なんですがねぇ。
    小平花いつ:無理無理。
    夢見亭コダ平:で、ものづくり体験コーナーは指くわえてみてました。
    小平花いつ:それじゃあ、怪しい大人だよ。
    夢見亭コダ平:同じ会場に、プラレールやら、職業能力開発大学校の展示もあってそちらも面白かったし。
        
    夢見亭コダ平:で、昨年のその「ものつくり体験コーナー」は、小平産業まつりオリジナルの「蒸気機関車」つくり。
    小平花いつ:今年は、やはりオリジナルで「鉄琴」だそうだよ。
    夢見亭コダ平:ものづくりを体験して、音楽も楽しめるたぁ、一粒で二度おいしい!
    小平花いつ:作り方がわからなくなっても、小平商工会工業部会の方が、目配りしてくださっているし、そのやり取りもいい感じだったね。
    夢見亭コダ平:異世代交流ですね。
    小平花いつ:おや、難しいこと言えたじゃないか。
    夢見亭コダ平:ものつくり体験コーナーを見学した後、異生物交流に行きやしたから。
    小平花いつ:なんだい、そりゃあ?
    夢見亭コダ平:人形劇団「劇団こがねむし」さまによる怪獣人形劇「ウルトラP」。ウルトラシリーズの怪獣大活躍の人形劇でさぁ。
    小平花いつ:ああ、おまえさんが大層興奮していた。
    夢見亭コダ平:へいへい。
    あの時「この怪獣は誰でしょうー?」の問いかけに「ギャンゴ」の名前が思い出せず、あれは痛恨の極み。
    小平花いつ:おまえさんの痛恨やら極みは、妙なところにあるねぇ。
    夢見亭コダ平:他にも、おまつり会場にはコダレンジャーやらぶるべーなどなど。
    小平花いつ:うん、心が小学生ってえのはよくわかったよ。
    夢見亭コダ平:姐さんだって嫌いじゃねぇでしょう。
    「コダレンジャーだよ!」って走って観にらしたのは、どなたでしたっけねぇ。
    小平花いつ:あはは、ついつい。
    同じステージの鈴木ばやしもよかったねぇ。
    夢見亭コダ平:話しを替えましたね、小平市の無形民俗文化財に。楽しかったですねぇ。どこか懐かしい調子のお囃子も心地よかったし、おかめちゃんが可愛くてお気に入り。
    小平花いつ:あたしゃ、細心にして大胆、細かい動きと大きく跳ねる白狐に感動。
    夢見亭コダ平:こちらも老若男女、世代間交流のお囃子でやんしたね。
        
    小平花いつ:昨年は、併設で「小平市健康フェスティバル」もお賑やかだったけれど、今年は「第1回小平ご当地グルメコンテスト」同時開催。
    夢見亭コダ平:応募は10月初めで締め切られちゃいますが、どんな小平らしいお料理が並ぶのか、楽しみで、楽しみで(じゅるり)
    小平花いつ:ほらほら、よだれをお拭きなよ。
    夢見亭コダ平:おっと、いけねぇ。おいら、感受性が豊かなもんで。
    小平花いつ:そりゃ、感受性じゃなくて食い意地だろうが。
    夢見亭コダ平:食い意地といえば、去年は北海道物産販売コーナーに加えて、今年は東北物産販売コーナーもあるそうですよ。
    小平花いつ:美味しい復興支援させていただけそうで楽しみだね。
    夢見亭コダ平:やっぱり、お祭りはいいですねぇ。
    村の鎮守の神様の~♪っとくらぁ。
    小平花いつ:お前さんが歌うと「鎮守」じゃなくって「珍獣」に聞こえるのはなんでだろうねぇ?
    夢見亭コダ平:えぇ~っ?そんなぁー。
    小平花いつ:では、お後は、小平市内の色々なお祭りの様子を集めた動画をお楽しみくださいな。
    夢見亭コダ平:小平市産業まつりで、お会いしましょうねー!
    ▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
    楽しいお祭り、出かけるだけで、お散歩並みに歩いてしまいますよね。
    これからも、色々なお祭りがある小平市。

    繰り返しになりますが、小平市産業まつりのお知らせ。
    第24回小平市産業まつり
    日時:2012年11月10日(土)10:00-16:00、11日(日)9:00-15:00
    場所:福祉会館前市民広場周辺
    産業まつりのご案内はこちら

    花いつ姐さんからもご紹介いただいた動画では昨年の小平市産業まつりの様子もご覧いただけます。

      

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(0)小平歩き

    2012年09月30日

    小平藝術散歩

    ずいぶんと過ごしやすくなりましたね。お散歩日和の頃になりました。
    さて、お馴染みの小平花いつ姐さんと、夢見亭コダ平さん。今回は、秋の気配を感じながら、東大和市駅にいらっしゃるようですよ。

                    

    小平花いつ:ずいぶんとしのぎやすくなりましたね。小平花いつでございます。
    夢見亭コダ平:涼しくなって、食欲も戻った夢見亭コダ平でございます。
    花いつ:おまえさんの食欲がなかった時はないように思えるんだがねぇ。
    さて、秋の行楽シーズン前に秋らしいお散歩コースをご紹介いたしましょう。
    さて、秋と言ったら?
    コダ平:食欲の秋!
    花いつ:うんうん、他には?
    コダ平:実りの秋。
    花いつ:他には?
    コダ平:食べ物の秋。
    花いつ:だから、他には?
    コダ平:美味しい秋。
    花いつ:おまえさんの頭には、食べることっきゃないのかい?
    「読書の秋」、「スポーツの秋」そして「芸術の秋」なんて言うだろう?
    コダ平:へぇ、今どきのことばですかい?
    花いつ:昔から言うんだよ。
    で、今回は、ここ東大和市駅から小平藝術散歩といくよ。
    青梅街道を東へと歩こう。
    コダ平:へ~い。あんまり腹にたまりそうじゃあないなぁ。

    花いつ:やれやれ、こんなこともあろうかと先ずはこちら。
    コダ平:お、こちらは金メダリストも大好き「ブラックサンダー」で有名な。
    花いつ:そう有楽製菓さま。
      
    コダ平:でも、こちらは本社さまですよね。お菓子買えるんですか?
    花いつ:正門から入った少し先の左にほら。
    コダ平:わー!買える窓口だぁー!
    花いつ:今はまだ種類が少ないけど、10月1日からは種類も増えるそうだからね。
    コダ平:そうなんですかぁー。10月になったらまためぇりやすよ。

    花いつ:さあ、お菓子与えといたから、しばらくは保つだろう。
    コダ平:(モグモグ)え?なんかおっしゃいましたかい?(モグモグ)
    花いつ:いえいえ、何も。
    さあ、立川通りへ抜けて上宿緑地から小川1丁目保存樹林地「ふれあいの林」。それほど広くはない場所だけれど、武蔵野の面影を再現。小川用水も活きてるね。
    この小川用水をさかのぼると、あらわれまするは彫刻の谷緑道
      
    用水沿いを歩きながら武蔵野美術大学の学生さんの作品を拝見できるってご趣向さ。
    コダ平:わー、あれなんかいいですねぇ。
    花いつ:おやおや、おまえさんにも彫刻の好みがおありかい?
    コダ平:あれがチョコレートだったら、さぞや食べでがあろうかと。
    花いつ:やれやれ、それかい。

    コダ平:緑と用水と彫刻もようございましたが、そろそろー。
    花いつ:ああ、昼餉だろ。立川通りをちょいと入った めん処 松根さま。
      
    テレビ番組でも時々紹介されているから、おまえさんもご存じだろう?
    コダ平:へいへい!ご存じも何も、おうかがいしたいと思ってましたよ。
    花いつ:あたしは郷土食の糧うどんを頂戴しよう。地粉の風味が活きたおうどんが嬉しいねぇ。
    コダ平:おいらはお昼のセットでがっつりといただきます。

    花いつ:こちらのお店は、こだいらオープンガーデンにご参加の森田さまのお庭にあるんだよ。
    カモミールが有名だけれど、それぞれの季節のお花を楽しめるねぇ。
      
    コダ平:お花がのびのびと咲いて、気持ちものびのびいたしやす。
    花いつ:おまえさんがそれ以上のびのびしたらどうなるかとちょいと案じられるけど、まあ、いい。オープンガーデンを抜けて玉川上水沿いへ行こう。
    コダ平:へい。
    花いつ:7月のお散歩で歩いた道だけれど、空気が違うねぇ。
    (7月の小平水散歩西域編はこちら)
    コダ平:2か月分、季節も進みやした。
    花いつ:さて、上水公園を左に折れるとこちらが武蔵野美術大学さま。
    コダ平:お、学食でなにか頂戴できるんですか?

    花いつ:今、おうどんをいただいたばかりだろ。
    今日はこちらの武蔵野美術大学美術館におじゃましよう。
      
    (展示の案内はクリックすると大きく表示されます)
    コダ平:さすがは美術大学。美術館をお持ちでやんすか。
    花いつ: 繊維素材をお使いの立体造形は、じっと見ていると流水に見えたり、隠れている動物の目のように見えたりと不思議な世界だったね。それから綿密な博物図譜。写真のない時代にゃ、こんなふうに画に書いていたんだね。動植物の細密な描きぶりもきれいだし、解体新書も興味深かったよ。
    コダ平、どうだったかい?
    コダ平:へい、博物図譜の魚がうまそうでした。
    花いつ:こうまでブレないのは、ある意味大したもんだ。
    コダ平:政治家の皆様も夢見亭コダ平を見習っていただきたいものだと。
    花いつ:それはそれで、目も当てられないことになりそうだよ。
    コダ平:鷹の台駅がお近くなりましたが、先ほどのおうどんも、もうこなれたようでして。

    花いつ:はいはい、わかったよ。こちら喫茶シントンさまにお邪魔しよう。
      
    コダ平:おー!落ち着いた雰囲気ですね。
    花いつ:こちらのお店には、先ほどお邪魔した武蔵野美術大学の学生さんたちの作品が展示してあるんだよ。小平藝術散歩の締めにゃあぴったりだろ。
    コダ平:えーっとおいらは、ケーキセット!
    花いつ:ダメだ、聞いちゃいないよ。

    コダ平:いや、しかし、姐さん「芸術の秋」ってぇのもなかなか良いもんですね。
    花いつ:おや、意外な感想を聞けたね。
    で、どこが良かったんだい?
    コダ平:芸術を見て歩くと、そのあとのおまんまが美味い!
    花いつ:ありゃあ、それかい!

                    

    あくまでもマイペースなコダ平さんでした。
    秋の行楽シーズン。歩いて、観て、感動して、美味しいものをいただいてと、小平市で欲張りな秋の芸術散歩はいかがでしょうか?
    では、今回のお散歩コースの動画と立ち寄りポイントの情報をどうぞ。


    -今回のコースと立ち寄りポイント情報と地図-

    ①東大和市駅

    ②有楽製菓
    所在地:小平市小川町1-94
    売店開店:月-金8:00-17:30(土曜営業の場合もあり)
    公式サイトはこちら

    ③小川1丁目保存樹林地「ふれあいの林」
    所在地:小川1丁目
    最寄りの上宿図書館の地図はこちら

    ④彫刻の谷緑道
    所在地:小平市小川町1丁目
    立川通り、小川用水周辺
    小平市によるサイトはこちら

    ⑤めん処 松根
    所在地:小平市小川町1-423
    営業時間:11:00-17:00 (LO16:30)売切れ次第終了
    定休日:木曜日
    公式サイトはこちら

    ⑥森田邸(こだいらオープンガーデン)
    所在地:小平市小川町1-647-3
    こだいらオープンガーデンの地図サイトはこちら
    (リンク先地図の「1」)

    ⑦武蔵野美術大学美術館
    開館時間:月-金10:00-18:00 土、特別開館日 10:00-17:00
    休館日:日曜、祝日、展示替期間
    公式サイトはこちら

    ⑧シントン
    営業:11:30-18:00(夜のイベントの場合は延長) 
    定休日:隔週月曜日(日にちはお店に問い合わせを)
    公式サイトはこちら

    ⑨鷹の台駅

    地図1
    ①東大和市駅→②有楽製菓→③小川1丁目保存樹林地「ふれあいの林」→④彫刻の谷緑道→⑤めん処松根→⑥こだいらオープンガーデン森田邸→⑦武蔵野美術大学美術館
    ←クリックすると大きく表示されます。
    徒歩およそ1時間30分。見学、食事などの時間は含みません。

    地図2
    ⑦武蔵野美術大学美術館→⑧シントン→⑨鷹の台駅
    ←クリックすると大きく表示されます。
    徒歩およそ40分。見学、食事などの時間は含みません。
      

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(1)小平歩き

    2012年08月30日

    小平水散歩―東方編―

    残暑も厳しい今年の夏。今回は前回に引き続き、暑い中にも涼を求めての、小平水散歩の東方編。
    ご案内役は、夢見亭コダ平さんで、そのコダ平さんと小平花いつ姐さんは、一橋学園駅でお待ち合わせのようですよ。

    icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01icon01 icon01icon01 icon01

    小平花いつ:残暑お見舞い申しあげます。小平花いつでございます。
    夢見亭コダ平:1か月分の絵日記を書くのに大変だった幼い頃を思い出す夢見亭コダ平です。
    花いつ:困ったお子さまだねぇ。
    コダ平:でも、アレでいざという時の底力が養われたかと。
    花いつ:地道にやるって精神は養われなかったようだねぇ。
    コダ平:いえいえ、今回はおいら、ばっちり準備しましたからね。
    本日は、夢見亭コダ平プレゼンツ『小平水散歩 東方編』ってぇことで、おつきあいのほどを。
    花いつ:楽しみにしてたんだよ。
    それにしても、おまえさん、荷物が多かないかえ?
    コダ平:ま、これは後のお楽しみってぇことで。
    花いつ:そうかい、じゃあ楽しみに待つとしよう。

    コダ平:さて、一橋学園駅を後にして、あかしあ通りを渡り、回田道を越えますってぇと。
    花いつ:おや、小さな流れがあるようだね。
    コダ平:名高き玉川上水と並んで流れる新堀用水、それが分かれて鈴木用水、またまた分かれた大沼田用水、それがなりたる公園の
    「鈴木町親水公園」たあ、こちらのことです。
      
    花いつ:えらい、えらい。それだけ覚えたおまえさんにビックリ。
    コダ平:へへへー。この夏のコダ平は一皮むけてます。
    花いつ:おまえさんが言うと、日焼けの後みたいだねぇ。
    こちらの公園、高層住宅街の敷地の中みたいだけれど、公園なんだね。
    コダ平:はいな。落ち着いた用水沿いの小路もあれば、遊具もあり。あちらは「まいまいずの広場」。
    花いつ:おや、前回、おうかがいした「ふれあい下水道館」に模型があった「まいまいずの井戸」からとったお名前かねぇ。
    (前回の「小平水紀行-西域編-」はこちら)
    コダ平:でしょうねえ。
    さて、姐さん、ここいらで昼餉といきやしょう。
    花いつ:いいねぇ。どちらのお店で?
    コダ平:へっへっへっ。今回は、こちらの木陰に準備をいたしまして。
    花いつ:おやおや、大荷物の正体は。
    コダ平:こちら喜楽鮨さまの「元祖小平巻」でござぁいー。
    花いつ:おやまあ。前々から気にはなっていたんだけれど、あたしゃ初めてなんだよ。嬉しいねぇ。
    コダ平:そいつぁ、よかった。すしご飯に小平産のブルーベリー、中には海の幸にお野菜というオリジナルの巻きずしでさぁ。
    花いつ:お江戸広しと言えども、これをいただけるのは小平だけだってね。
    コダ平:こでぇらっ子だってね。寿司食いねぇ。
    それから、まだありますぜ。へい、こちら。
    花いつ鈴木園さまの小平産の茶の葉を使った「小平上水」じゃあないか。
    コダ平:へへへ。姐さん驚かすんなら、このくれぇやんねぇとねぇ。
      
    花いつ:こりゃ、嬉し美味しの、驚き桃の木山椒の木。

    コダ平:さて、食後に歩いてまいりましたこちら、別名ラーメン街道とも呼ばれる新小金井街道。
    花いつ:2月におうかがいしたベンズファームさまもお近いね。
    (2月の「小平雛さんぽ」はこちら
    コダ平:へい、そのベンズファームさまのお向かいにございますのが、こちらえぐうマルシェさま。
      
    花いつ:タマゴ屋さんかい?
    コダ平:茨城県でのびのびと育てられている鶏のタマゴもございますし、半熟カステラも濃厚な旨さでお奨め。
    ですが、今回は水散歩。
    こちらでは小平の井戸のお水を購えます。
    花いつ:懐かしいねぇ、井戸のお水。久しくいただくことがなくなったねぇ。
    コダ平:2立(リットル)で100円というありがたさ。
    さて、ここで、取り出したるは2立の透明合成樹脂瓶。
    花いつ:用意周到だねぇ。
    コダ平:硬貨を入れると、あっと驚くエレキテル仕掛け、水はざんざざんざと瓶の中へ。
    花いつ:まいまいずの井の時代を思うと、便利になったもんだ。
    コダ平:はい、この通り、2立の水があっという間に。
    ちょっとお味見いかがですか?
    花いつ:いただこうじゃないか・・・あぁー、いいねぇ。柔らかくておいしいお水だ。
    コダ平:小平の井戸水を味わっていただいたところで、次に出発ー。
    花いつ:でも、おまえさん・・・。
    コダ平:はい?
    花いつ:それ、重かぁないかえ?
    コダ平:何のこれしき、これしき、これしき・・・姐さんー、ちょっと重いかもー。
    花いつ:昼餉にいただいた「玉川上水」の空き瓶があるからね、こちらにお入れな。500竓(ミリリットル)だけど気は心だ。あたしも、少しっつお水をいただきながら歩けるさね。
    コダ平:ありがたや、軽くなりましたよ。
    では、鈴木街道を歩きやしょう。

    花いつ:こちらの街道沿いは、公園や用水跡を利用したオープンガーデンも楽しめるね。
      
    コダ平:忘れちゃならねぇのが小平で初めて、それ即ち日本で初めてブルーベリー栽培が始められた島村ブルーベリー園さま。
    ブルーベリー摘みは、8月下旬頃までですので、今回は看板を拝見するだけ。
    来年は、予約しておうかがいいたしやしょう。
    花いつ:いいねぇ。
    ところで、5月におうかがいした「つつじ公園」もあるように、小平市の花はつつじだろ。
    (5月の小平かつお散歩はこちら)
    コダ平:へい、そのとおりで。
    花いつ:で、ブルーベリーもツツジ科なんだよ。
    コダ平:おや、そいつぁ知らなかった。
    花いつ: そして、つつじが市の花に制定されたのが昭和43年。ブルーベリーが小平市に植えられたのも昭和43年。
    コダ平:な、なんと!
    花いつ:最初にお育てになった方のご努力はもちろんだけれど、ご縁も感じるじゃあないか。

    コダ平:思わぬ、裏話でやした。
    さて、本日の「水散歩」のトリは、こちらひょうたん池公園。
      
    ここからは、花小金井駅へ出てお開きでやんす。
    その前に、ちょっと水と戯れてきてよござんすか?
    花いつ:履き物脱いで、もうその気じゃないか。行っといで。
    コダ平:わーい。
    花いつ:相変わらず、お子さま方に混ざっても、無理なく楽しそうだねぇ。今回はがんばってくれたし、何かご褒美を考えるかねぇ。
    コダ平:何か、おっしゃいましたかー?
    花いつ:出たよ、野生の地獄耳。
    コダ平:ねぇねぇ、何か良いことがありそうな予感。
    花いつ:はいはい、もう水遊びはいいのかい?
    良いお散歩をさせてもらったから、お茶でもごちそうしよう。
    コダ平:わーい!やったぁー!

    花いつ:じゃあ、鈴木街道を少し戻ろう。
    こちらの山小屋のような風情のお店がギャラリー茶房萌木さま。
      
    コダ平:何だか信州を旅してるような。
    そうだ!姐さん、ちょっとお店の前に立ちますんで、一枚写真をお願いいたします。
    花いつ:お安い御用だ。ほら「こ、だ、い、ら」。
    コダ平:「しぃー」。
    花いつ:はい、撮ったよ。
    コダ平:どうも、おかたじけ。
    では、靴をスリッパに履き替えて、店内へと参りましょう。
    花いつ:何だか、あたしが案内されてるみたいだね。
    コダ平:おっと、いけねぇ。ついていきますよ、姐さん。でねぇとゴチになれねぇ。
    花いつ:あたしゃ、冷たい白玉のおぜんざいを頂戴しよう。
    コダ平:おっ!時節らしいや。おいらも同じもので。
    花いつ:白玉が作りたてだね。この柔らかさもご馳走だ。
    今日は、楽しい散歩をありがとね。
    コダ平:喜んでいただけて何よりでやんす。
    花いつ:で、おまえさん、携帯電話でなにをおやりだね。
    コダ平:ちょっとお待ちくださいね。ホイ、送信っと。
    花いつ:あれ?あたしにメールを送ったのかい?
    なになに…「この夏は、信州の別荘に来てます」って、この写真、今、お店の前で写したやつじゃないか。
    コダ平:なかなか雰囲気出てるでしょ?
    花いつ:雰囲気はあるけど「信州の別荘」って、何の見栄だい?
    コダ平:いえいえ、こりゃ洒落で。最後までメール読んでくださいよ。
    花いつ:ええっと「別荘に来てます。コダ平in小平」。あはは、こりゃいいや。
    おまえさんにゃ、見栄より洒落が似合うよ。
    コダ平:おいら、褒められた?褒められた?
    花いつ:さあて、どうだかねぇ?
    コダ平:えーーー?どっちだー?
    icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01icon01 icon01icon01 icon01

    残暑厳しい中、コダ平さん、お荷物を持ってのお散歩、お疲れさまでした。
    では、今回のお散歩コースの動画と、立ち寄りスポットの情報をどうぞ。
    そうそう、今回、コダ平さんが用意してくださった「元祖小平巻」と緑茶「玉川上水」を買えるお店情報もあります。
    まだまだ暑さが残りそうですが、朝晩には涼しさを感じます。小平散歩で夏と秋の境目をお楽しみください。
    鈴木マナ



    -今回のコースと立ち寄りポイント情報と地図-

    ①一橋学園駅

    ②小平市立鈴木町親水公園
    所在地:小平市鈴木町1-51-1
    サイトはこちら

    ③えぐぅマルシェ
    所在地:東京都小平市鈴木町1丁目466-16
    営業時間:11:00~18:00
    井戸水は時間外でも購入可
    サイトはこちら

    ④小平市立ひょうたん池公園
    所在地:小平市花小金井南町3丁目
    お隣の花小金井南児童館のサイトはこちら

    ⑤ギャラリー茶房 萌木
    所在地:小平市花小金井南町2-3-18
    利用時間:10:00-18:00
    定休日:日・月・火
    紹介サイトはこちら

    ⑥花小金井駅

    コダ平さんご用意のランチを購入できるお店
    -「元祖小平巻」-
    喜楽鮨
    所在地:小平市学園東町1-8-4
    営業時間:11:30-14:30、16:30-22:00
    定休日:無休
    お店のサイトはこちら
    小平ネットのサイトはこちら

    -小平産茶葉利用緑茶「玉川上水」-
    鈴木園
    所在地:小平市仲町522
    営業時間:6:00-18:30
    定休日:不定期 主に日曜日
    サイトはこちら

    地図1①一橋学園駅→②鈴木町親水公園
    ←クリックすると大きく表示されます。
    徒歩およそ30分程度。見学、食事などの時間は含みません。

    地図2
    ②鈴木町親水公園→③えぐぅマルシェ→④ひょうたん池公園→⑤萌木→⑥花小金井駅
    ←クリックすると大きく表示されます。
    徒歩およそ1時間30分。見学、食事などの時間は含みません。
      

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(2)小平歩き

    2012年07月30日

    小平水散歩-西域編-

    夏も本番。暑!暑!暑!でも夏。いえ、だから夏でしょうか?
    だから、こんな季節も楽しくお散歩。でも「涼しい」お散歩だと嬉しいなぁ。
    今日の花いつ姐さんとコダ平さんは、その名も涼しそうな玉川上水駅にいらっしゃる模様。

    icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01  

    小平花いつ:本当にお暑うござんすね。小平花いつでございます。
    夢見亭コダ平:夏だー!夏だー!盛り上がってるかーい!?夢見亭コダ平でございまーす!
    花いつ:やかましいよ。頭蓋骨ん中、猛暑になってないかい?
    コダ平:いえいえ、こんくらい張り切らねぇと、暑さに負けちめぇそうで。
    花いつ:夏は夏らしい方がいいけれど、まあ、暑いねぇ。
    コダ平:だからと言って、クーラーつけっぱなしでお部屋の中というのも、芸のねぇ話で。
    花いつ:さいわい、緑に恵まれてる小平だからね。気持ちよく汗をかけるお散歩はどうだろう。
    コダ平:そいつぁ、有難てぇや。
    花いつ:まず、こちらが玉川上水清流復活碑で、ここを降りるとじょうすいこばし
    コダ平:おー、涼しい。「多摩川にさらす手作りさらさらに」じゃないですが、さらさらと水音にも風情がありますなぁ。
      
    花いつ:おやおや、おまえさん口から万葉集が出るとはねぇ。
    コダ平:姐さんー!こっちにゃ「あらい」が泳いでますよー。
    花いつ:まったく、うっかり見直すとこだったよ。そりゃあ、錦鯉。食用じゃあないよ。
    コダ平:好き嫌いないって、よく褒められまさぁ。
    花いつ:そりゃ、食べ物だけにしといてくれ。
    さて、玉川上水沿いを下流に歩いていくと、こちらが。
    コダ平:混浴で有名なこもれびの足湯さま。
      
    花いつ:混浴ったって、足湯だからね。
    小平市、東大和市、武蔵村山市のお三方で運営なさってる清掃工場「小平・村山・大和衛生組合」さまの施設。
    ごみ焼却炉の余熱で地下水を温めてるんだよ。
    コダ平:無駄のねぇ仕組みですね。
    花いつ:あたしらも無駄にゴミをだしちゃあいけないよね。
    こちらは、ひざまでたくし上げられる服装で来ればすぐ浸かれるし、更衣室もあるから着替え持参でもいいのさ。
    コダ平:常連の方も多いようですね。
    あ!おいら、タオル持ってないや。
    花いつ:武蔵野美術大学の学生さんデザインの手ぬぐい(200円)や、タオル(100円)をお売りだよ。
    コダ平:あー、いい湯だった。
    秋には「えんとつフェスティバル」があるそうで。それも楽しそうだなぁ。
    (2011年の「えんとつフェスティバル」の様子はこちら)

    花いつ:この足湯のほぼお隣にあるのがCAZE CAFE(カゼカフェ)さま。
    手作りスコーンセットもおいしいよ。
    でも、今日は夏場限定のアイスクリームをいただこうかね。
      
    コダ平:おいらは、すこーん!とスコーンセットを・・・いやあ、旨え、旨え。
    玉川上水沿いの木々に囲まれて、景色も結構なもので。
    花いつ:「小平の軽井沢」とおっしゃる方もあるそうだよ。
    春と秋には、イベントがおありで、次は10月のKODAIRAわいわいバザールかね。
    コダ平:詳細については、日にちが近くなったら、公式サイトでCheck it out!

    花いつ:さて、ここから、東大和市駅前を通って、野火止用水路を歩こう。
    コダ平:しばし、閑静な住宅街。用水路がきれいですね。
    花いつ:ホタルも育てていらっしゃる。こちらもいい散歩道だね。
    コダ平:と思っていると、林だー!あれ?また水音が。
    花いつ野火止緑地の野火止用水の放流口だね。武蔵野の面影残る雑木林を行くと、さいわい橋近くで流れのそばまで降りられるよ。
      
    コダ平:水辺に近づけると、もっと涼しく感じますね・・・近づくと、涼しい・・・近づくと、涼し、わーーーっ!!!
    ・・・落ちました。
    花いつ:落ちたね。
    コダ平:わーい、涼しいなぁー。
    花いつ:そりゃ、涼しいだろうけど、いい加減におあがりな。おまえさんから有害物質が流出したら大変だ。
    コダ平:ひどいですよぉ。おいら、ホルムアルデヒドかなんかですか?
    花いつ:悪気ないデヒド。
    コダ平:うわっ!寒むぅ~。
    花いつ:あはは。涼みに出て風邪ひいちゃあしょうがない。少し戻って、日の当たるところを歩くよ。
    コダ平:お!あれはもしかするとかの有名な。
      
    花いつ:よくお気づきだね。樹齢350年以上と言われる竹内家の大けやき。小平市天然記念物第一号にして、小平市保存樹木のなかでも、最大級さね。
    コダ平:350年前って申しますと?
    花いつ:竹内家のご先祖さまが寛文年間(1661~73年)にお植えになったけやきで、そうだねぇ、水戸光圀公が水戸藩主になられたり、お伊勢参りがブームになったり「伊達騒動」があった頃。
    コダ平:「樅ノ木は残った」ですね。小平には「けやきノ木は残った」だ。
    花いつ:けやきに話を聞いてみたいものだね。
    コダ平:さあ、玉川上水沿いに戻ってめぇりやした。
    花いつ:あぁ、いい風だねぇ。

    コダ平:えー、姐さん、風もいいのですが、野火止用水で濡れた服も乾きましたし、どこぞに入って座っても何らの問題もないかと、おいら愚考する次第でして。
    花いつ:持って回った言い方だねぇ。「腹が減った」ってことだろ。
    コダ平:さすがは花いつ姐さん。
    花いつ:ネパールカレーはどうだい?
    コダ平:「えすにっく」ってぇやつですね。食欲のない時に、ぴったりだ。
    花いつ:おや、おまえさん、食欲がないのかね?
    コダ平:いえ「食欲がない時はない」のがおいらでして。
    花いつ:だろうねぇ。鷹の台駅からすぐのカフェサンティさま。
    コダ平:今日の日替わりセットは何かなぁ?おや、お持ち帰りもできるんだ。
    花いつ:入り口には観葉植物、店内の椅子がテーブルによってちょっと違っていたりと、落ち着ける雰囲気だね。
      
    コダ平:わー!ナンでけぇー!
    花いつ:それだけいただいてもおいしい、あたしの好みのナンさ。カレーの辛さをお尋ねくださるもよかったね。
    コダ平:お店の方の笑顔も良かったですね。こんな感じで。にまぁぁぁ~。
    花いつ:違うから、全然、違うから。

    コダ平:さて、新堀用水沿いに歩いて府中街道に出ましたが?
    花いつ:さて、上水見ただけじゃ物足りないだろ?下水も見たいだろ?
    コダ平:姐さん、むちゃくちゃ強引なもってきかたですが?
    花いつ:見たくないのかい?(じろり)
    コダ平:み、見たいです。是非、見させてください。・・・あー怖かった
    花いつ:さて、コダ平の強い要望でまいりましたのは、こちら、ふれあい下水道館さま。

    コダ平:おいらの要望というよりは、姐さんのごり押し・・・あれれっ?2階建ての建物に見えたのに、地下が5階まで?
    花いつ:さあ順繰りに降りてくよ。
    コダ平:お江戸の小平水事情やら、下水の歴史やら、見せてくれますねえ。
    花いつ:階段ホールの展示もご名案だね。地層の様子を拝見できるのも面白いよ。
    コダ平:さて地下5階。小平市内のマンホールの蓋だぁ。こんなに種類があるんですね。
    花いつ:驚くのはこれから。さあ、あっちに行ってみよう。
    コダ平:ドウドウと音がするのは、あ!ここが、噂の珍なる・・・。
    花いつ:そう。本物の下水が流れる本物の下水道を拝見できるのさ。
    コダ平:ずいぶん臭いと聞いていたけど、今日はそうでも・・・あれ?やっぱり臭いますよ!
    花いつ:まあ、これが人間が生きる様だね。綺麗ごとだけじゃあ、回らない。
    せめて、水を無駄遣いしない工夫が大切だね。蛇口ひねれば、水がジャアジャアってお国ばかりじゃないんだから、当たり前と思っちゃあいけないよ。







    コダ平:昔はこのあたりも玉川上水ができるまでは、水にゃあ恵まれてなかったんですよね。展示にあった「まいまいず井戸」の模型。本当に、あれを上り下りして水を汲んでくること想像しただけで腰痛くなっちゃいますよ。
    花いつ:いやあ、本とに痛かったよ。
    コダ平:えっ?







    花いつ:さて、ここいらでまた一休みするかい?
    コダ平:はいっ!こちらは、どなたかのご自宅で?
    花いつcookies KAWAI(クッキーズ カワイ)さま。玉川上水沿いのクッキー工房で、カフェを開いてらっしゃるのは金曜日と土曜日だけれど、クッキーの予約と受け取りはそれ以外の曜日でもお願いできるからね。
      
    コダ平:飲み物をお願いすると、付けていただけるクッキー「クレセント」って言うんですか?ホロホロとした口どけがたまりませんねぇ。
    花いつ:クッキーとアーモンド菓子のクッキーブーケや文字を焼き込んだメッセージクッキーも予約でお願いできるよ。
    コダ平:メッセージクッキー!「素敵なコダ平さんへ」なんてクッキーいただけたら・・・。誰かおいらにクレセントー!
    花いつ:わー、寒いねぇー。
    コダ平:玉川上水沿いから良い風が吹きますけど、今のは違うでしょ、意味、違うでしょ。

    花いつ:また府中街道を渡って、さあ、こちらは小平市立中央公園
      
    コダ平:体育館にグラウンドに雑木林と盛りだくさんの公園ですね。
    花いつ:ちょいと先のお話だけれど、9月8日(土)には、先ほどのふれあい下水道館さまとこちらを会場にこだいら環境フェスティバルが開かれるよ。ただいま、フリーマーケットの出店者も募集中。
    で、こちらの公園、この時季には水遊びできる場所が人気さね。
    コダ平:わー、楽しそー!涼しそー!行ってきまーす!
    花いつ:ありゃりゃ、何のためらいもなくお子さまに混じって、水に入っちゃたよ。混ざっても違和感がないのが、コダ平の取り柄っちゃあ取り柄だねぇ。
    コダ平:やー、涼しいや。姐さん、今、おいらのこと褒めてませんでした?
    花いつ:動物並みの感の良さも取り柄かねぇ。
    コダ平:何だかわからねぇけど、褒められてるみたいですね。
    ところで、今回のお散歩はここで終りですかい?
    花いつ:ああ、そうだよ。中央公園のすぐお隣が鷹の台駅だから、便利もいいだろう?
    コダ平:じゃあ、じゃあ、次においらが、もう一つの小平水散歩ってやってもいいですかい?
    花いつ:おや、そいつぁ楽しみだ。8月末ならまだお暑い時期だしね。
    コダ平:では、次回、夢見亭コダ平による小平水散歩をお楽しみにー。水散歩だけに、本日は水入りー。よっしゃあ、も一度、水に入ってくるぞー!
    花いつ:おやおや、たいした張りきりようだ。あたしも、ちょいと水を楽しませていただきましょう。
    それでは、次回もどうぞお楽しみに。

    icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01 icon01  

    コダ平さん、文字通り「水を得た魚」状態ですね。
    では、今回のお散歩コースの水辺を集めた動画と、お散歩コース、立ち寄りスポット情報をどうぞ。
    高温注意報など危険な夏の情報もありますが、暑さ対策、日差し対策、そして虫対策をなさって小平の水辺で涼をお楽しみください。

    -今回のコースと立ち寄りポイント情報と地図-

    ①玉川上水駅

    ②じょうすいこばし
    所在地:小平市中島町1
    休み:なし
    詳細はこちら

    ③こもれびの足湯
    所在地:小平市中島町3番5号
    利用時間:3月-9月 9:30-16:30 、10月-2月 9:30-16:00
    定休日:毎週木曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)、焼却施設の点検日
    詳細はこちら

    ④CAZE CAFE(カゼカフェ)
    所在地:小平市中島町3-8
    営業時間:月、火、木、金 10:00-16:00
           4月-10月は 第3土10:00-14:30も営業
    雨天休業
    カフェのサイトはこちら
    社会福祉法人ときわ会のサイトはこちら

    ⑤野火止緑地 野火止用水放流口
    所在地:東大和市向原4丁目36
    休み:なし
    小平市野火止用水沿い樹林地のサイトはこちら
    小平ネットの野火止緑地のサイトはこちら

    ⑥竹内家の大けやき
    所在地:小平市小川町1-583
    お願い:個人のお宅の敷地内にありますので、ご迷惑のないようにお願いいたします。
    小平市のサイトはこちら

    ⑦カフェサンティ
    所在地:小平市たかの台46-12 桐原ビル1F
    営業時間:11:00~22:00
    定休日:木曜日
    詳細はこちら

    ⑧ふれあい下水道館
    所在地:小平市上水本町1-25-31
    開館時間:10:00-16:00
    休館日:月曜(休日・祝日の場合は、その翌日)・年末年始(12/27-1/5)
    入館無料
    公式サイトはこちら

    ⑨cookies KAEAI (クッキーズ カワイ)
    所在地:小平市上水本町2-9-8
    カフェ開店:金曜日・土曜日 11:00-18:00
    クッキーの予約・購入は随時。
    公式サイトはこちら
    小平ネットのサイトはこちら

    ⑩小平市中央公園
    所在地:小平市津田町1-1-1
    小平市のサイトはこちら
    こだいらネットのサイトはこちら

    ⑪鷹の台駅

    地図1.①玉川上水駅→②じょうすいこばし→③こもれびの足湯→④CAZE CAFE(カゼカフェ)→⑤野火止緑地 野火止用水放流口
    ←クリックすると大きく表示されます。
    徒歩1時間30分程度。見学、食事などの時間は含みません。


    地図2.⑤野火止緑地→⑥竹内家の大けやき→⑦カフェサンティ→⑧ふれあい下水道館→⑨cookies KAEAI (クッキーズ カワイ)→⑩小平市中央公園→⑪鷹の台駅
    ←クリックすると大きく表示されます。
    徒歩1時間30分程度。見学、食事などの時間は含みません。
    鈴木マナ

      

  • Posted by こだいらネット at 05:37Comments(2)小平歩き

    2012年06月20日

    小平紫陽花散歩

    毎月30日の予定が、今回はちょっと早めに登場のコダ平さんと花いつ姐さん。
    雨の季節となりましたが、小平にはそんな季節でも楽しめるお散歩コースがあるようです。
    今日は、どちらからのスタートでしょうか?

    小平花いつ:梅雨の晴れ間に小平駅前から、小平花いつと、
    夢見亭コダ平:夢見亭コダ平でやんす。
    姐さん、梅雨の季節ですねぇ。しとしと、じめじめ、むしむし、でろでろ…。
    花いつ:これこれ、そう邪険に言うもんじゃあないよ。この時節に降ってくれなきゃ、夏場のお水だって心配だし、農作物の育ちにだって必要だろう。
    コダ平:そうですね。急な雨で傘一本。彼女との相合傘もこの季節のお楽しみ。
    花いつ:おやおや、また脳内妄想彼女かい?
    コダ平:いえ、近未来へ向けての「しみゅれーしょん」と言ってくだせぇ。
    花いつ:まあ、相合傘以外にも、お楽しみはあるさね。
    今回は「小平紫陽花散歩」と参りますよ。
    コダ平:「しょうひらむらさきようばなさんぽ」?
    花いつ:ボケがわかりにくいねぇ。「紫陽花」は「あじさい」って読むんだよ。
    コダ平:日本語で言ってくれなきゃ。
    花いつ:日本語だよ。
    ほらほら、いつまでの駅前漫才してるわけにゃいかない。出かけるよ。
    コダ平:いざ、出発ー。

    花いつ:いきなりだけど、グリーンロード沿いのカフェ ラグラスさまでお昼をいただこうか?
         
    コダ平:合点承知!腹が減っては戦ができぬ。
    花いつ:週替わりの和風定食が人気。お時間によっては品切れになるからね。
    コダ平:そんな時は、カレーもいいですね。
    花いつ:こちらのお店は小平オープンガーデンにもご参加で、いつお訪ねしてもお花を楽しめるね。
    コダ平:今日も、お花がいっぱいですね。
    花いつ:目もお腹も満たされるだろう?
    コダ平:おいらはケーキもいただきたんですが。
    花いつ:期待を裏切らない「花より団子」な奴だね。いいよ、お好きにおし。あたしゃ、お庭を拝見するからね。
    コダ平:へーい、いってらっしゃーい。
    いやいや、お花もいいんですがね、故人曰く「花見て腹ふくれたためしなし」ってね。
    こだいらブランドにも選ばれている「小平産ゆずケーキ」にいたしましょう。
    花いつ:コダ平がケーキをいただいてる間、お庭を拝見。いつお尋ねしてもお花を楽しめますが、この季節は格別。
    コダ平:姐さんー、お待たせいたしました。

    花いつ:あいよ。こちらのお庭からも見えるけど、お隣が小平市立あじさい公園さま。
        
    コダ平:ほうほう、小川用水を挟んで見交わす顔と顔。
    花いつ:ゆったりと山坂になった公園だから、見あげたり、見おろしたり、あじさいの小径(こみち)からなど色々な方向から楽しめるし、春には桜もよかったよ。
    コダ平:お、しどけない姿の娘っこも。
    花いつ:こらこら、彫刻になんて物言いだね。
    コダ平:でも皆様、力強くも美形じゃございませんか。連れて帰れるものなら連れて帰りたい。
    花いつ:危ない奴だね。もう少しゆっくりしたかったけど、あじさいの小径を回って次に行こうか。
    コダ平:えへへ、おいら最近、危険な魅力を目指そうかと。
    花いつ:危険って、奉行所にしょっ引かれるような真似はよしとくれ。
    コダ平:お次は・・・うわぁー!姐さんー、グリーンロードから新小金井街道を歩いてたはずが、いきなり横浜ですかー!?
    花いつ:はい?何を騒いでるんだい。ははぁ、この建物だね。
    コダ平:(コクコク、ト声モ出ズ)

    花いつ:こちらは、ガスミュージアム がす資料館さま。赤煉瓦の風情のある良い建物さ。
         
    コダ平:いきなり、天狗がついて横浜の赤レンガ街に出ちまったかと。
    花いつ:ミュージアムでは、ちょうど開業140周年記念『~レールが繋ぐ開化の架け橋~明治鉄道錦絵』展だよ。
    今から、140年前に横浜でガス事業が始まって。
    コダ平:横浜っ!?
    花いつ:いや、ここ、小平だから、小平だから。
    コダ平:天狗ついてない?
    花いつ:ついてない、ついてない。
    コダ平:ガス灯館の一階にゃガスライトギャラリー、お二階で錦絵展ですか。色鮮やかなもんですねぇ。線路の上にゃ今は懐かしい蒸気機関車だぁ。
    花いつ:当時は文明の最先端の陸(おか)蒸気。停車場で草履を脱いで、乗車しちまったってお話もあったくらいさ。
    コダ平:くらし館には、なつかしのガス製品ですね。
    花いつ:お二階にゃ、ガスオルガンってのもあるね。どんな音色だかお聴きしてみたいものだけれど。
    コダ平:ガスの音って、姐さんそりゃあ(ニヤニヤ)
    花いつ:皆まで言うんじゃないよ。
    コダ平:さあて、小平駅前まで戻ってきましたが。

    花いつ:ここんとこ忙しかったせいか、あたしゃ、ちょいと足が疲れちまったよ。
    こちらのリラクゼーションサロン ラフタァさまで疲れをとっていただこうかね。
    コダ平おまえはどうするね?
    コダ平:おいらは、喉乾いたんで、コーヒーでもいただいてまさぁ。
    花いつ:あいよ、じゃあ、あたしの方が終わったら合流だね。
    コダ平:へいへいー。
    花いつ:さあ、こちらが、小平駅前から徒歩1分のリラクゼーションサロン ラフタァさま。
        
    今年の4月にオープンした、小平の新しい癒しどころ。台湾式のリフレクソロジー、と言っても「イタタター!」というスパルタ式(?)ではなく、あたしらの「気持ちいい」状態に塩梅してくださるからありがたい。お店に入った時の、いい香りも嬉しいねぇ。
    こちらのお店については、小平探検隊の隊員の方もお訪ねしているので、そちらのレポートも合わせてお読みくださいな。
    では、ちょいと、くつろがせていただきますよ。

    コダ平:はいー。こちらは、姐さんと別れて小平駅南口を逍遥中のコダ平でございます。
    たまにゃ、姐さんと別行動ってぇのもいいですねぇ。突っ込まれる心配もないし。
    ねぇ、姐さん・・・って、いけねぇ、いけねぇ、姐さんいないんだった。素でボケちまった。
    本当は渋くてダンディーな夢見亭コダ平ってぇことで永田珈琲さまにお邪魔しましょう。
        
    どうです。おいらが似合う「大人の空間」ってやつでしょ?
    直火式自家焙煎珈琲のお味。焼き物がお好きなオーナーのお眼鏡にかなった器。こんな本格珈琲のお店である一方、日本で初めてインターネット
    Web珈琲店を始めたという進取の気性もお持ちでして。
    ではアイスコーヒーで「君の瞳に完敗」
    花いつ:何に負けてるんだい?
    コダ平:しまったぁ!渋いコダ平でキメていたのに。
    姐さん、いかがでした?
    花いつ:いやぁ、気持ちよかったよ。足が軽くなったね。極楽、極楽。小平市をもう一周できそうだよ。
    コダ平:そいつぁご勘弁ください。渋い男にウォーキングは似合わねぇ。
    花いつ:大丈夫だよ。全然渋くないから、おまえさん。
    コダ平:そりゃよかった。って、姐さんー褒めてませんよー。
    花いつ:あはは、悪い。悪い。夕餉をご馳走するよ。もう、いただけそうかい?
    コダ平:わーい!いただけます。いただけます。腹いっぱいだったら、明日の夕餉の分にいただいちゃいます。
    花いつ:冬眠前の動物じゃないんだから、食いだめはおよしよ。
    コダ平:へいへいー。

    花いつ:さあ、こちらがごはん処ぶら~りさま。
        
    こちらはNPO法人だれもがともに小平ネットワーク(ともにネット)さまご企画のお店。障がいのあるお人もないお人も、楽しく飲み食いできる場所を提供してくださるお店だよ。
    コダ平:おや、昼餉もいただけるんですね。
    花いつ:そうだよ。夜は定食もいただけるし、ご酒もいただける。
    お野菜も、積極的に地元小平産のお野菜をお使いだそうで。

    コダ平:地産地消、嬉しいですねぇ。
    花いつ:今回は小平駅南口から出て同じ南口でお開きだけれど、どうだったかい?
    コダ平:何せ梅雨時ですからね。お天気がよければ全部歩いてもよし、バス利用でガスミュージアムさまへおうかがいして、小平駅まで歩いてくるのもよし、ですかね。
    花いつ:小平駅北口から出ている コミュニティタクシーぶるべー号でガスミュージアムさまのお近くまで行く手もあるね。
    コダ平:篠突く雨なら、小平駅前で楽しんじゃうのもありでしょう。
    花いつ:均せば駅から歩いて、三分以内の距離だからね。
    天狗がつかなくたって歩ける距離だよ。
    コダ平:三分で駅に着きんした。
    花いつ:落語の『山崎屋』もどきで、本日のお散歩はお開きに。
    では、お待ちかねリラクゼーションサロン ラフタァさまレポートと、本日のお散歩コースのまとめをどうぞ。


    さて、今回は花いつ姐さんも「極楽、極楽」とおっしゃったリラクゼーションサロン ラフタァさまへ、探検隊メンバー足達千恵子さんとわたくし(鈴木マナ)でおうかがいしました。
    小平駅南口から徒歩1分の好立地、とはいうものの「オシャレ~」という雰囲気からはやや離れた雑居ビルの2階。しかし赤い階段を登ってドアを開けると、そこには一転「癒しの空間」。
        
    代表の古田秀行さんと奥様でアロマトリートメントご担当の友里枝さん。
    古田秀行さんがリフレクソロジーとの出会ったのは、ご自身の腰痛がきっかけ。ヘルニアで腰を痛めつらい日々のなか、患者として出会ったリフレクソロジー。
    これで腰痛が完治したことから「地元で多くの人に立ち寄っていただけるリラクゼーションサロンを」と、このお店を始められたそうです。
    確かに、都心のリラクゼーションサロンにおうかがいしても、行き帰りの電車で疲れてしまっては、元も子もありません。実際、お客様も「疲れがとれて、気持ち良いまま、すぐ家に帰れるのが嬉しい」とおっしゃるとか。
    アロマトリートメントをご担当なさる奥様の友里枝さんも「入り口がとってもお洒落で隠れ家的なリフレクソロジーやアロマトリートメントのお店が、場所を見つけられなかったり、入りづらかったりすることもあるようです。駅前にあるので、日々お疲れの男性にも敷居が高いとためらわずに入っていただけるようにと考えました」とのこと。


    店内に入って感じるのは、アロマの香りと落ち着いた内装。これも友里枝さんが「自分もこんな部屋で、のんびーりくつろいでいたいと思う部屋のイメージ」とおっしゃるように、初めてでもゆっくりとくつろいだ気持ちになれます。

    リフレクソロジーの前、「アロマオイルと施術後のハーブティーはどれにいたしますか?」好みがわからなくても「ひたすらリラックス」、「断然リフレッシュ」などなど、その日の希望をお伝えすれば、それにあったアロマオイルとハーブティーを選んでいただけます。

    香りが決まったら、アロマオイルを入れたお湯で足を温めて、足達さんのリフレクソロジーの始まり、始まりー。    
    足の裏にある「反射区」という場所は身体の内臓や器官につながっています。そこを刺激することによって、身体にたまっている老廃物を排出し、新陳代謝を活発にし、足のむくみや冷えを和らげ、身体全体を改善できるのだそうです。
    また、オイルも100%天然植物由来のエッセンシャルオイル。これは成分が純粋濃厚。それだけに化粧品の化学成分に反応してお肌のトラブルにつながることもあるようです。ですが、こちらのお店ではエッセンシャルオイルをキャリアオイル(植物油)で濃度調整してお使いなので、効果的で安心なアロマトリートメントを受けることができます。
    落ち着いたお洒落な個室でのアロマトリートメントも、憧れます。

    さて、フットコース中の足達さん。いつもの爽やかビューティーが時々「いたた!」顔に。ご本人も気づいていなかった足のむくみがあったようです。リフレクソロジーで痛い箇所があり、病院に行ってみたら本人も気づいていなかった病気がわかり早期に治療ができたとの例も、本に事例紹介されているそうです。

    施術中も白湯をいただきながら老廃物を流しやすくしますが、コースが終ると、最初に選んだハーブティーが出されます。これも香りとおいしさを楽しめるうえ、老廃物の排出にも効果あり。
    こちらでいただけるハーブティーは、飲む人にも地球にも優しい100%オーガニックハーブティーをご使用。お店で購入もできます。

    こちらのラフタァという、ちょっと不思議な響きの店名は“laughter”笑い声の意味。「お疲れでいらしたお客様が、お帰りなる時には元気に笑いながらお帰りいただける、そんな場所にしたい」との思いでつけられたそうです。
    台湾式リフレクソロジーに基本をおきながら、お客様の体調、好みに応じて、より良い方法を柔軟に利用していらっしゃる、この「お客様に心地よく」の姿勢が、お店の名前にも表れているのではないでしょうか?

    湿気が多く、蒸し暑くなる時期、小平散歩とリラクゼーションで、健やかにお過ごしくださいませ。
    では、今回の立ち寄りポイント情報、おっと、その前にお散歩コースの動画もどうぞ。


    -今回の立ち寄りポイントの情報と地図-

    ①カフェラグラス
    所在地:小平市美園町1-24-14ヴァンベールマンション 1F
    営業時間:10:30~18:00
    定休日:なし(年末年始休、夏休みあり)
    公式サイトはこちら
    以前にも「こだいら探検隊」で紹介されました。記事はこちら

    ②小平市立あじさい公園 
    所在地:小平市美園町1-25-23
    開園時間:24時間
    休園日:なし
    詳細はこちら

    ③ガスミュージアム がす資料館
    所在地:小平市大沼町2-590
    休館日: 月曜日
    開館時間:10:00~17:00(入館は16:00まで)
    開業140周年記念『~レールが繋ぐ開化の架け橋~明治鉄道錦絵展』は2012年6月30日(土)まで
    詳細はこちら

    ④リラクゼーションサロン ラフタァ
    所在地:東京都小平市美園町1-15-8滝本ビル2F
    営業時間:10:00~21:00(受付20:30まで)
    定休日:月曜日
    公式サイトはこちら
    こだいらネットにも仲間入り。それはこちら

    ⑤永田珈琲
    所在地:小平市美園町1-6-1グリーンプラザビル2F
    営業時間:10:00~20:00
    定休日:年中無休
    永田珈琲倶楽部 公式サイトはこちら
    こだいらネットのサイトはこちら

    ⑥ごはん処ぶら~り 
    所在地:東京都小平市美園町1-32-1
    営業時間:11:00~14:00、17:00~22:00(L.O.21:30)
    定休日:日曜日
    詳細はこちら
    NPO法人だれもがともに小平ネットワークさまの「ともにネットブログ」はこちら

    小平駅南口→①カフェラグラス→②小平市立あじさい公園→③ガスミュージアム→④リラクゼーションサロンラフタァ→⑤永田珈琲→⑥ごはん処ぶら~り→小平駅南口 徒歩2時間30分程度。見学、食事などの時間は含みません。

      

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(6)小平歩き

    2012年05月30日

    小平かつお散歩


    歩くのに気持ちいい季節になりました。
    今回は、小平市のお隣、国分寺市は国分寺駅からお散歩スタートなんですね、花いつ姐さん。
    yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba

    小平花いつ:はい。ただいま、今回の先達、コダ平待ちの小平花いつでございます。
    夢見亭コダ平:わー、姐さん、お待たせー。夢見亭コダ平でございます。
    花いつ:今日は、国分寺駅北口からのお散歩スタート。どこに連れてってくれるんだね?
    コダ平:コホン。今回は題して「小平かつお散歩」。
    花いつ::なんだって?
    コダ平:か・つ・お・さ・ん・ぽ!
    花いつ:そんな大声ださなくたって、耳は達者だよ。ちゃんと聞こえてるけど、意味がわからないんだよ。
    コダ平:それは、まあ、お散歩してのお楽しみってぇことで。
    花いつ:ご趣向ってことだね。今日はよろしく頼んだよ。
    コダ平:もう姐さん、ドーンと大船に乗ったつもりでいてくだせぇ。
    先ずは、北口から歩いて15分ほど。(独)情報通信研究機構(NICT)さま。
     
    花いつ:おやおや、いきなりお堅いところみたいだねぇ。
    コダ平:こちらは、情報通信技術(ICT)の研究所で、身近なことで言えば「日本標準時」をお決めなさっているところですよ。時報や電波時計が正しいのはこちら様のおかげ。
    そして、難しいご研究をわかりやすく公開なさっているのが、こちらの展示室。
    サレジオ通りをはさんで、南側は小金井市ですが、展示室のある北側は小平市でございましてな。
    花いつ:よく調べたねぇ。
    コダ平:へへ、驚くのはこれからでござんすよ、姐さん。はい、こちら。
    花いつ:え?こりゃあ・・・。
    コダ平:そう、高松塚古墳出土の「海獣葡萄鏡」。
    花いつ:これは、奈良県の飛鳥資料館にあるんじゃあなかったっけ?
    コダ平:ええ、それをリアルに体感できる多感覚インタラクションシステムたぁ、こいつのことでさぁ。
    花いつ:こうやって、専用の眼鏡をかけてこのペンで触るんだね。まあ!この彫りのでこぼこが伝わってくるよ。音も聞こえるじゃないか。
    おや、裏面も出るのかい。ずいぶん緑青でざらざら。歳月を感じさせるねぇ。
    コダ平:じゃあ、これで「出来立てのほやほや」だぁ!
    花いつ:わ!これだよ、作られてすぐの時の。懐かしいねぇ。
    コダ平:だから、姐さんって・・・。
    花いつ:さっきまでざらざらしていた感触がずいぶん滑らか。
    コダ平:いきなり、昔を懐かしんで(本とかいな?)お楽しみいただけてますが、この技術は、手術の練習などへの応用もお考えだそうで。やがては、遠隔医療の実用化にも役立つ「てくのろじー」。
    他にも、フマートフォンで無料ダウンロードいただける、音声翻訳システムVoiceTraなどなど最先端科学技術のあれこれは、動画でどうぞ。
    花いつ:今回はずいぶんと難しい言葉でがんばるね。
    コダ平:おいら、やる時にはやるタイプ。
    花いつ:本当は展示室のご案内の方が、丁寧に教えてくださってるんですよ。
    コダ平:おーい、姐さんー。どなたとお話なさってるんですかー?
    花いつ:難しいご研究を、わかりやすいくご説明いただいて楽しかったよ。
    コダ平: そいつぁ何よりでやんす。お子さまでもおいらでも、楽しめる穴場でして。
    花いつ:お子さまと自分を並べて胸張るのはおよしよ。

    コダ平:では、科学したところで、おつぎは自然を満喫いたしましょう。
    で、姐さん、ここで問題です。
    花いつ:おや、藪から棒になんだい?
    コダ平:われらが小平市の木、鳥、花といえば何でしょう?
    花いつ:小平市なら、木は「けやき」、鳥は「こげら」で、花「つつじ」。
    コダ平:よっ、姐さん、名調子でご正解。
    そのつつじ咲く小平市立つつじ公園にご案内いたしましょう。
    NICTさまの北敷地のちょうど裏手。こちらがつつじ公園―って、あれれ・・・花・・・ほとんど終わってますね。

    花いつ:うん、ほとんど終わってるね。
    コダ平:うわーーー!どうしよう。どうしよう。下見に来た時は、まだつぼみ、あったのにー!
    花いつ:でも、木陰が気持ちいいじゃないかい。それに、わざわざ下見までしてくれた、おまえの気持ちが嬉しいよ。
    コダ平:姐さんってば、姐さんってば、そう言っていただいておいら感激ー、この男殺しー!
    花いつ:どさくさで、人聞きの悪いこと言うんじゃあないよ。
    コダ平:こちらは、つつじだけじゃあなく、やまざくらやべらぼうにセコい木などいろいろな木がございまして。
    花いつ:べらぼうにセコい木?
    コダ平:ええっと、ええっと「めちゃセコイや」?
    花いつ:それはメタコイヤ。水辺もあって、これからの季節も楽しめる悪くない選択だよ。

    コダ平:でしたら、公園のおかわりいかがですか?
    花いつ:「公園のおかわり」って、おまんまじゃあないんだから。でもそう言うってことは、お目当ての場所がおありだね。
    コダ平:へいへい。こちらは学園野鳥公園。住宅街の「ばーさんちからあり」。

    花いつ:それを言うなら「バードサンクチュアリ」だろ。
    コダ平:そうそう、その「ちゅあり」。
    花いつ:「ちゅあり」じゃ、意味わからないよ。
    コダ平:公園の大部分はお鳥さまのもので、おいら達、人間の奴らめは通りに面したところから、おずおずのぞき見するか、公園のぐるりにある小路をこそこそと歩く。
    花いつ:それじゃあ不審者だよ。鳥を驚かせないよう心づかいを、ってことだろ。
    コダ平:はい、綺麗にまとめていただきましたー。
    花いつ:野鳥をそおっと拝見できたり、さえずりに耳を傾けたり、大きくはない公園だけど、奥深い楽しみ方ができるね。
    公園の中ほどには、野鳥用の水飲み場だね。南天の木がたくさん植わってるのは、冬場のエサ用だろうかね?
    コダ平:エサと言えば、そろそろ、あっしらもエサはいかがでしょうか。
    花いつ:エサはないだろう、失礼なやつだね。でも時分どき、さて、何をいただけるのかい?

    コダ平:はい、こちらはタウンキッチンくみはちさま。

    以前にあったのが学園坂タウンキッチンさまでしたよね。
    花いつ:あぁ、覚えてるよ。タウンシェフによる家庭のお味が人気だったね。
    コダ平:それが、このたびリニューアルオープン!「いつものおかずにひと手間・ひとひねり」がうたいもんく。
    花いつ:そいつぁ嬉しいね。何度いただいても飽きがこないのが「いつものおかず」それに一工夫があると新鮮だね。
    コダ平:お持ち帰りもできますが、今日はお店でくみはち定食をいただきましょう。いろいろあるお品から3品選ぶのもお楽しみ。おいらは、アジのフライと・・・。
    花いつ:あたしゃ、お野菜をたくさんいただこう。
    コダ平:こちらのお店は「おすそわけ」の気持ちで食育や食を通して地域を活性化しようというお考えのもとに始められたお店でさぁ。
    花いつ:「おすそわけ」たぁ懐かしい響きだね。幼心にも、我が家の味とはちょっと違うお味が新鮮で。「ごま油の風味がいいね」なぞと、じぶんちでも取り入れ、それは「新しいわが名のお味」になるんだよ。
    ああ、こちらのお料理も、参考にさせていただけそうだねぇ。

    コダ平:ご満足いただけたようで、何よりです。
    こちらからは、学園坂商店街を歩きながら、一橋学園駅へと参りましょう。
    花いつ:おや、サンバカーニバルがあるんだね。
    コダ平:いつだったかは、ぶるべーも踊ったというお祭りですね。
    花いつ:ぶるべーがサンバとは、小平ならではだね。
    おっと、ところで今日の散歩のお題の意味の謎解きがまだだったね。
    こちらで、お茶をごちそうするから、聞かせてもらおうか。
    コダ平:わーい、では遠慮なくごちになりますね、姐さん。



    花いつ:くみはちさまのお近くCafe Cache-Cache(カフェ カシュカシュ)さまにお邪魔しよう。

    フランス語で「かくれんぼ」ってお名前のこのお店だけれど、ちょいと渋めの橙色の外見が、落ち着いた感じで目を惹くね。
    コダ平:「どんなに上手に隠れても」ってやつですね。
    花いつ:うまいこと言うね。
    ところで、今回の「かつお散歩」どういう意味なんだい?
    コダ平:コホン。説明しよう。今回の散歩の立ち寄りポイントはまず、情報通信機構(NICT)さまで科学の最先端技術を拝見。次に小平市立つつじ公園で、まあ、ちょこっとは咲いていた小平の市の花つつじを愛でた。そうして、昼餉にゃ「おすそわけ」のお気持ちのお惣菜がならぶタウンキッチンくみはちさま。
    がく、つじ、すそわけで、かつお散歩のできあがり―。
    花いつ:学園野鳥公園は、どこいった?
    コダ平:姐さん、その突っ込みは言わないお約束で。
    花いつ:わるい、わるい、冗談だよ。今日のコース、楽しかったよ。上等、上等。
    それなら最後もかつおで締めるかね。
    コダ平:おや、どう締めますか?
    花いつ:「しゅかしゅさまにて締めですがぎの、散歩も、お楽しみにー」
    コダ平:あー!最後においしいとこ持ってかれたー!
    yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba yotsuba

    今回はコダ平さん大活躍でしたが、まだまだ花いつ姐さんにはかなわないようですね。

    お散歩途中で話題になった第26回学園坂サンバカーニバルの予定は以下のとおり。
    2012年7月7日(土)雨天の場合は翌日の7月8日(日)
    パレードは16:30からと18:00から
    今年もぶるべーの参加はあるのでしょうか?公式サイト、応援サイトでご確認ください。
    ぶるべー自らが綴る「ぶるべー日記」はこちら
    ぶるべーを応援する有志による「ぶるべープロジェクト」のブログはこちら

    そして、今回のお散歩を動画でもお楽しみください。


    -今回の立ち寄りポイントの情報と地図-
    ①スタート 国分寺駅北口

    ②(独)情報通信研究機構 本部展示室
    開館時間 月~金9:30~17:00(受付は16:30まで)
    休館日 土・日・祝日および年末年始
    所在地:〒184-8795 東京都小金井市貫井北町4-2-1
    詳細はこちら
    2012/8/1(水)・2(木):「NICT 夏休み特別企画」小学生対象イベントを予定。詳細はこちらで今後の情報をご確認ください。

    ③小平市立つつじ公園
    開園時間:24時間
    休園日:なし
    所在地:小平市上水南町3-8-34
    詳細はこちら

    ④学園野鳥公園
    開園時間:24時間
    休園日:なし
    所在地:小平市学園東町2-7
    詳細はこちら

    ⑤タウンキッチンくみはち所在地:小平市学園東町1-16-1
    営業時間:11:00-18:30
    定休日:日曜・月曜・祝日
    タウンキッチンくみはちのサイトはこちら
    タウンキッチンのサイトはこちら

    ⑥Cafe Cache-Cache(カフェ カシュカシュ) 所在地:小平市学園東町1-14-8
    営業時間:10:00-22:00(L.O.21:30)
    定休日:火曜日
    詳細はこちら
    お店のブログ『カシュカシュ日和』はこちら

    ⑦ゴール 一橋学園駅

    地図1.①国分寺駅北口→②情報通信研究機構(NICT)→③小平市立つつじ公園
    ←クリックすると大きく表示されます。
    徒歩30分程度 見学などの時間は含みません。



    地図2.③小平市立つつじ公園→④学園野鳥公園
    ←クリックすると大きく表示されます。
    徒歩40分程度 見学などの時間は含みません。



    地図3.④学園野鳥公園→⑤タウンキッチンくみはち→⑥カフェカシュカシュ→⑦一橋学園駅
    ←クリックすると大きく表示されます。
    徒歩20分程度 見学、食事などの時間は含みません。


    鈴木マナ

      

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(2)小平歩き

    2012年04月30日

    小平ビタミン散歩

    新緑の心地よい季節になった小平市。
    なのに、いつも元気なコダ平さんが、あれれ?どうかしました?
    face11 face11 face11 face11 face11 face11

    小平花いつ:皆様、お久しぶりでございます。小平花いつと、
    夢見亭コダ平:ひゅへひてぃかだふぃいで・・・
    花いつ:コダ平、どうしちまったんだい?リビアの大佐(故人)みたいな名前になってるよ。
    コダ平:あ、面目ねぇ。夢見亭コダ平でございます。
    いや、姐さん、最近、なんだか疲れ気味で。噺でトチるならともかく、自分の名前でトチっちゃあ、いけない・・・。
    花いつ:噺もトチっちゃあよろしくないけど、心配だねぇ。
    新緑の頃は、人の身体も新陳代謝が活発になって、ビタミン不足になりがちだっていうし。
    わかった、今日は「小平ビタミン散歩」と行こうじゃないか。
    コダ平:難しいことはわかりませんが、何だかありがたいお散歩になりそうで。

    花いつ:先ずは、小平駅から歩いて10分ほどのフクシマストロベリーファームさま。
    コダ平:ほーっ。こりゃいい香りだ。
    花いつ:こちらでは、1月から5月いっぱい、いちご摘みを楽しめるんだよ。
    コダ平:「ヤヨイヒメ」に「紅ほっぺ」に「アスカルビー」と三人の姫君がおいらをお待ちかねでやんすね。
    花いつ:入り口でいただいた器に、摘んだいちごを入れるんだよ。
    コダ平:ヤヨイヒメ、そなたのコダ平が参ったぞ。頬を染めて照れおって愛い奴め。これこれ、ほっぺもアスカもそのように真っ赤になって妬くでない、妬くでない。
    花いつ:いちごを摘み始めたとたん、いつもの調子かね。
    いちごは果物の中でも特にビタミンC、葉酸が豊富で、アミノ酸も色々と含まれているよ。
    コダ平:まだ食べちゃだめですかー?おいしそうで、おいしそうで。
    花いつ:はいはい、わかったよ。もう十分に摘んだんだね。じゃあ、入り口で目方を量っていただいてお会計を済ませてから、そこのテーブルでいただこうじゃないか。
    コダ平:うおぉぉぉーっ!旨い~~~!
    花いつ:突拍子もない声を上げるんじゃあないよ。
    甘いだけじゃない、いい感じに酸味もあって、こりゃあ摘みたてならではだね。
    おや、もう食べちまったのかい?じゃあ、ちっと歩くとするかね。

    コダ平:お次は、どちらで?
    花いつ:青梅街道沿いをずーっと西に向かうのが一番早いけれど、車の少ない緑川通りを通ってもいい。青梅街道駅のすぐ近くにあるのがJA東京むさし小平共同直売所さま。
    こちらでは、地元小平でとれとれのお野菜がお待ちかね。
    コダ平:春野菜のグランドスラムや~!
    花いつ:春のご当地特産といえば独活だし、緑の葉もの野菜もビタミンの宝庫。
    コダ平:おいら、特に草食系じゃあないけれど、活き活きしたお野菜ちゃんたちが並んでいるのを見ると、なんだか嬉しくなるねぇ。「あたしを食・べ・て♡」なぁんて想像したり、ぐふふふ。
    花いつ:そりゃ、想像を超えて妄想。春だから「危ないのが出た」なんて通報されないようにおし。



    コダ平:姐さん、姐さん、お野菜は買ったものの、これは家で料理しなきゃだし、青梅街道駅からもう一駅は歩いたし、もうお昼近いし。
    花いつ:わかってるよ、この先で昼餉をいただこう。
    コダ平:さすがは花いつ姐さん!男心をわかっていらっしゃる!
    花いつ:いや、おまえさんがわかりやす過ぎるだけだよ。

    はい、こちらが、オーガニックなお食事をいただける自然食 まのめさま。
    コダ平:ヘアトニックなお食事?
    花いつ:ヘアトニック食べてどうしようってんだい。胃の腑に毛でもはえてるのかい?
    コダ平:いえいえ、先祖代々胃に毛を生やしちゃあ「胃毛無い」と言われてまして。
    花いつ:イケてない洒落だねぇ。
    コダ平:自然食はいいけれど物足りないか?と思いきや、適度に揚げ物もあって、余は満腹じゃ。
    花いつ:お値段に30円プラスでご飯を玄米にしていただいたから、ビタミンB1にミネラルも豊富だね。さて、お腹もできたところで、腹ごなしにまた歩くとしようかね。




    コダ平:歩くにゃ、よいお日和でござんすね。
    花いつ:適度にお天とさまの下を歩くのも、皮膚でビタミンDを作るのに良いからね。
    コダ平:光合成ってやつですか?
    花いつ:それは、全く違う!

    コダ平:ずーっと玉川上水沿いに閑静な住宅街・・・と思ったら、いきなり、直売所だ。
    花いつ:体験農園みのり村もなさっている粕谷園さま。(リンク先の小平市内直売所マップ西地区⑧)
    コダ平:こちらでも、お野菜買っちまった。
    花いつ:市内のあちらこちらに直売所があって、それぞれの農園さんお得意の品ぞろえがあったりで飽きないのも特徴だね。
    荷物も増えたことだし、さて、そろそろ、ここらでちょいと一休みしたいところ。
    コダ平:いいですねぇ。





    花いつ:鷹の台駅近くにも雰囲気の良い喫茶店もあるけれど、今日はビタミン散歩だから、お野菜たっぷりのスープをいただこうじゃないか。
    コダ平:お、こちらですか?すうぷ屋Hygge(ヒュッゲ)さま。
    花いつ:お野菜中心のスープで、おいしくビタミンをいただけるねぇ。
    コダ平:うー、旨い。スープも旨いし、線路はさんで目の前の公園の新緑も目にしみる。舌からもビタミン、目からもビタミン。
    花いつ: いいこと言うねぇ。もうすっかり元気になったね。

    コダ平:へい、おかげ様で。
    ところで、姐さん。こんなにあちこちご紹介いただいておいて、その上、お願いごとで恐縮ですが。
    花いつ:なんだい?
    コダ平:今日は、いちごに始まって、お野菜が多ござんしたね。
    花いつ:あぁ、そう言われりゃそうだね。
    コダ平:どちらかと言えば雑食系のおいらなんですが。
    花いつ:はいはい、そうくると思ってたよ。その勢いなら、まだ歩けるね。
    コダ平:へいへい、いい感じに、陽も傾いてまいりました。

      花いつ:さあ、こちらが食事処やきとん八重洲さま。
    コダ平:よっ!待ってました!
    って「油そば専門店 油番長」ってお店じゃあないんですか?
    花いつ:油番長さまは、来週(2012/5/8 火)に開店のお店だよ。
    八重洲さまとは同じ屋根の下のお隣さん。
    コダ平:小平に新しいお店とは、これまた、開店が楽しみ。
    花いつ:開店したら、こちらにもおうかがいしたいね。




    今日は「小平ビタミン散歩」の締めで、やきとんをいただこう。
    豚肉はビタミンB1が豊富だけれど、レバーならビタミンAもたっぷり。他にミネラルも豊富だね。
    コダ平:わーい。レバーがでかくて、柔らかくて、甘みのある旨さだー!



    コダ平:おかげさまで、今回の散歩ですっかり元気になりやした。
    花いつ:今日のコースを動画にまとめていただいたのがありますので、ごらんくださいましな。
    コダ平:おっと、忘れるとこだった。路面電車にはいつ乗るんですかい?
    花いつ:路面電車?小平市にゃ、そんなの走ってないよ。
    コダ平:だって姐さん、最初に、チンチン電車がなんとかって。
    花いつ:そんなこたぁ言った覚えがないがねぇ。
    コダ平:新緑の頃には、チンチン電車が走るとか。
    花いつ:そりゃあ、チンチン電車じゃないよ。新陳代謝。
    コダ平:ありゃりゃ、おいら、てっきり路面電車に乗れるのかと。
    花いつ:ビタミン様でも散歩でも、おまえさんの粗忽は治らないねぇ。
    コダ平:どうも路面(ろめん)なさい。
    face02 face02 face02 face02 face02 face02

    コダ平さんも、すっかり元気になったようで、よかったですね。
    花いつ姐さんからもご紹介いただいた、今回の散歩コースを動画は1分45秒。
    どうがご覧ください(あ、いけない、コダ平さんのがうつった!)

    ビタミン(vitamin)のvitaは、ラテン語で生命を意味するとか。
    不足しても、そして摂りすぎても、身体にはよくないビタミン。
    適度に日光を浴び、気持ちよくお散歩、そして、おいしく楽しくいただくお食事で、バランスのよいビタミン散歩。
    なお、今回、お二人がお食事したお店には、持ち帰りできるメニューもあります。
    新緑の小平で、あなただけの小平散歩をお楽しみくださいませ。

    そして、こちらは5/8(火)に開店する油そば専門店「油番長」のメニューを一足先にお届けします。
    ←クリックすると、大きく表示されます。
    多摩地区発祥の油そば。
    「油番長」では、定番の油そばに加え、専門店ならではの他ではいただけないオリジナルメニューも。
    トッピングサイドメニューも豊富で、楽しみです。




    -今回の立ち寄りポイントの情報と地図-
    ①スタートは西武小平駅

    ②フクシマストロベリーファーム
    営業:1月-5月 10:00-15:00
    定休日:毎週月曜日(いちごの生育状態により、臨時休業あり)
    いちご摘み採り 100g 250円
    詳細はこちら

    ③JA東京むさし 小平共同直売所
    営業:9:00-16:00(午後は、かなり品薄になる場合あり)
    定休日:日曜、祝日
    詳細はこちら

    ④ 自然食 まのめ
    営業:月火木金7:00-15:00、土9:00-19:00、日祝11:00-18:00、(店内飲食11:30~)
    定休日:水曜
    日替わりご飯セット:680円(+30円でご飯を玄米に)
    おにぎりセット: 370円+お好きなおにぎり(100円~)の値段
    詳細はこちら

    ⑤粕谷園
    営業:お昼頃から15時頃まで(18時頃まで開いている時もあり)
    定休日:原則なし。天候や収穫状況によって、休業あり。
    詳細はこちら(リンク先マップの西地区⑧)

    ⑥すうぷ屋Hygge
    営業:11:00-21:30
    定休日:火曜
    スープセット:1150円から。スープのみは650円から。
    詳細はこちら

    ⑦食事処やきとん八重洲
    営業:ランチ=火曜日-金曜日11:30-13:30頃まで、夜=火曜日-日曜日17:00-21:00
    定休日:毎週月曜日
    ランチ:定食か油そば600円
    夜  :やきとん各種120円。他、各地の郷土料理などいろいろ。
    詳細はこちら
    ⑧ゴールはJR新小平駅


    地図1.①西武小平駅→②フクシマストロベリーファーム→③JA小平共同直売所
    徒歩1時間程度。買い物や食事などの時間は含みません。地図はクリックすると大きく表示されます。



    地図2. ③JA小平共同直売所→④まのめ→⑤粕谷園→⑥Hygge→⑦八重洲→⑧JR新小平駅
    徒歩2時間程度。買い物や食事などの時間は含みません。地図はクリックすると大きく表示されます。




    主な参考資料
    新ビジュアル食品成分表[新訂版]』 文部科学省 科学技術・学術審議会資源調査分科会報告 大修館書店 2011/3/1発行 ISBN:1922077010005

    ビタミン・ミネラル速攻辞典』 吉川敏一著 土屋書店 2011/3/25発行 ISBN:1922047012008

    ビタミンショック』グリム、ツィットラウ著 家の光協会 2003/11/1発行 ISBN:4-259-54641-4

    鈴木マナ

      

  • Posted by こだいらネット at 06:44Comments(0)小平歩き

    2012年02月29日

    小平雛さんぽ


    1か月ぶりの鈴木マナでございます。
    新しくなった小平探検隊「行ってみたいところ、聞いてみたいお話、食べてみたいものはあれこれあるし」と悩んでいたら、前回、暴走気味に盛り上げてくれたコダ平さんが花いつ姐さんに、何やら相談事があるようで。

    ✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

    夢見亭コダ平:花いつ姐さん。おりいってご相談したいことが。
    小平花いつ:おや、なんだい。珍しくまじめな顔で。
    コダ平:暦の上では春ですねぇ。
    花いつ:はいはい、春だねぇ。
    コダ平:だんだん暖かくなりますねぇ。外にも出たくなりますねぇ。
    花いつ:出りゃいいだろ。
    コダ平:そんな、郵便受け見に行くんじゃないんですから。ただ外にでるんじゃあなくて、可愛くて元気で気立ての良い彼女とお出かけなんぞしたいなと。
    花いつ:なんだい、なんだい、お前さん、彼女ができたのかい!そりゃあ、おめでとう!
    コダ平:いや、そんなに大きな声を出さないで。
    花いつ:おやおや、いっちょまえに照れてるよ。
    コダ平:その可愛くて元気で気立ての良い彼女が「コダ平さんが住んでらっしゃる小平市を案内して欲しいわ」と言ったと思いねぇ。
    花いつ:ほう。そりゃあ、いい子だね。
    コダ平:だから可愛くて元気で気立ての良い彼女と、この季節らしく楽しめるデートコースを「亀の甲より年の功」の花いつ姐さんにご教授願いてぇと。
    花いつ:ちょっと気に障るものを感じるけど、まあ、一足先に頭の中に花が咲いちまってるんじゃあ仕方ない。
    それじゃあ、今の季節、今の季節…小平でお雛さまめぐりはどうだい?
    コダ平:そいつぁ良いね。可愛くて元気で気立ての良い彼女にお雛さまはピッタリだ。

    花いつ小平ふるさと村の雛飾りからいこうかね。
    旧小平小川郵便局舎には、昭和50年代に飾られていた雛飾り。旧神山家住宅主屋には、戦前に作られたのではないかという雛飾りに、立ち雛、貝雛も拝見できるよ。
    コダ平:確か、お土産売り場もありましたね。
    花いつ:小平の特産品が集まったコーナーがあるね。
    コダ平:ブルーベリーを使ったスィーツもありますから、買って彼女にプレゼントしちゃおうかな。
    花いつ:しょっぱなに買い物しちゃって大丈夫かね?
    コダ平:いやいや「重いだろ?ボクが持ってあげるよ」なんちゃって。
    花いつ:男気を見せるねぇ。しっかり点数をお稼ぎ。

    花いつ:小平ふるさと村を出て小平駅の方へ歩くと、新小金井街道に出るから、ここを左に曲がる。
    左手に白いトレーラーハウス、ここが摘み取り農園ベンズファームさ。
    コダ平:トレーラーの中がカフェでしたね。
    花いつ:ここで、喉を潤して一休みさ。お天気が良ければ、テラスもいいね。
    コダ平:入口に採れたて野菜直売所もあるから、買って彼女にプレゼントしちゃおうかな。
    花いつ:新鮮で買いやすいお値段だからありがたい直売所だけど、まだデートの途中だろ。
    コダ平:いやいや「重いだろ?ボクが持ってあげるよ」なんちゃって。
    花いつ:それじゃあ、買い出しの荷物持ちだよ。
    コダ平:持てる男はつらいよ。
    花いつ:持ちたきゃ、大根でもキャベツでも背負ってデートすりゃいいさ。


    花いつ:ベンズファームから、新小金井街道を、五日市街道の方へ行けば茜橋のところで玉川上水に出る。
    ここをずっと上流に向かって歩いてもいいけど、新小金井街道の途中にコープ回田店があるだろ。あの前の信号を渡った、細い道もあたしは好きでねぇ。枝垂桜が咲く頃は目の贅沢さね。
    コダ平:桜にゃ早すぎますが、細い道ですか?
    花いつ:あぁ。バイクの侵入も禁止の細い道さね。
    コダ平:へへへー、いいですねぇ。細い道。
    花いつ:なんで細い道に喜ぶね?
    コダ平:細い道を、可愛くて元気で気立ても良い彼女と並んで歩く。はずみで、手と手が触れる。「おっと、ごめんよ」「あら、わたしこそごめんなさい。でも、いいのよ」「いいって?」「だから、手を」「手を?」「いやーん、恥ずかしいー」ぐふふふふー。
    花いつ:手をつなごうが、鎖でつながれようがかまわないけど、住宅街だからね。おまぬけな声張り上げて歩くんじゃあないよ。
    コダ平:「おうちがあるから、うるさくしちゃあいけないからね」ってんで、耳元で囁いたりして。でへへへへー。
    花いつ:あの道、教えるんじゃなかったかねぇ。とにかく、そこを行くと喜平図書館の脇へ出るからそこを左でも、その先のアカシア通りを左でも、玉川上水に出るからね。
    コダ平:はいはい、喜平橋のところですね。

    花いつ:そうだね。五日市街道を右に上流に向かって、歩いていくと小平市平櫛田中彫刻美術館さ。
    コダ平:田中さんちだ。
    花いつ:田中さんちって、ご近所さんみたいに言うのはおやめ。小平市名誉市民で文化勲章をいただいてる先生だよ。
    コダ平:記念館のお庭も風情がありますね。
    花いつ:お雛さま、そのお庭を拝見できる記念館に展示されているよ。こちらは履き物を脱いで上がるから、穴の開いた靴下なんか履いてくんじゃないよ。
    コダ平:合点承知。
    花いつ:平櫛田中先生のお作の内裏雛は、お嬢さんに似せてお作りだという、典雅なお顔だよ。
    お庭の梅も、そろそろ咲くかもしれないね。
    コダ平:「ごらん、綺麗な梅だね。まるで君のようだよ」「まあ、コダ平さんってば。コダ平さんだって、美術館にあった鬼瓦みたいよ」「いやー照れるなぁ、あっはっは」
    花いつ:照れるとこじゃないだろ。

    花いつ:鬼瓦ごっこに飽きたら、玉川上水沿いを上流に歩いて、府中街道に出たら中央公園の雑木林を突っ切って、たかの街道に出る。食品館さえきたかの台店の向かって左を道なりに進むと、青梅街道に出る根古坂。
    この途中に、あるのがうどん弥 根古坂だよ。
    コダ平:ちょうど腹もすいてきた。
    花いつ:小平糧うどんのお店だ。
    コダ平:糧うどん、いいですねぇ。「ほら、君のお肌ように真っ白なうどんだね」
    花いつ:そいつぁ、やめた方がいいよ。小平産の地粉を使った無漂白のうどんだから。
    コダ平:あわわわ、じゃあ「ほら、君の腹のように真っ黒なうどんだね」
    花いつ:ちょっと、しっかりおしよ。それじゃあ喧嘩売ってるよ。第一、そこまで黒いうどんじゃあないからね。
    コダ平:可愛くて元気で気立てのいい彼女とのデートで、緊張してまして。
    で、お腹がふくれたところで、次はどこですが?

    花いつ:青梅街道を越え府中街道を渡って、ちょっと道を入ったらギャラリー青らんぎでお雛様展、開催中だ。
    色々な手作りお雛さまを拝見できるし、展示販売もあるから彼女のお気に入りがあったら買っておあげな。
    コダ平:お雛さまを見て歩いて、最後にお雛さまをプレゼントたぁ、粋だねぇ。
    花いつ:歩くだけで、3時間程度の道のりで、あちこち寄って彼女もお疲れだろう。
    こちらのギャラリーは「カフェ青らんぎ」と同じ場所だから、ゆっくりお茶でもいただくことだね。
    コダ平:さすが、花いつ姐さん、ぬかりがないねぇ。完全無欠なデート計画だぁ。
    可愛くて元気で気立ての良い彼女喜ぶだろうなぁ。

    花いつ:何度も聞いたよ。可愛くて元気で気立ての良いのはわかったから、彼女のお名前くらい教えておくれな。
    コダ平:もう、可愛くて元気で気立ても良いから、名前なんて何でも。
    花いつ:何でも、ってことはないだろう。いいだろ、教えてくれたって減るもんじゃなし。
    コダ平:いえ、だから減る増える以前にまだ名前はない。
    花いつ:まだ名前はないって、ネコとデートするんじゃあるまいし。
    コダ平:い、いえ、人だとは思うんですが。
    花いつ:思うんですがって?
    コダ平:えへへ、ですから、雛祭りまでにはなんとか。
    花いつ:なんとかって、もしかして、まだ彼女はいないのかい!?
    コダ平:さすがは花いつ姐さん。ご明察!
    花いつ:ご明察じゃあないよ。なんだい、あたしゃ、ずっとおまえさんの妄想につきあわされてたのかい。
    コダ平:妄想だなんて。ものごと前向きに考えれば、潤いのある人生でさあ。だいたい今年は、そういう年でしょう?
    花いつ:なんだいそりゃ?
    コダ平:うるおう年でうるう年。
    花いつ:あたしゃ、もう引っ込むよ。
    今日のコースを動画にまとめたのがあるから、皆様はそちらをご覧になって、妄想でない、楽しいデートのご参考にどうぞ。
    コダ平:おいらも、がんばるぞー!

    ✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

    今回も、お二人、ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。特に、花いつ姐さん。
    その花いつ姐さんからご案内のあった今回のコースの動画。1分25秒の駆け足ヴァージョンです。


    そして、今回の立ち寄りポイント情報と地図です。
    寒かったり暖かかったりの季節ですが、小平市で季節の変わり目を歩いてみてはいかがでしょう?

    小平ふるさと村
    開園時間:10:00-16:00
    休園日:月曜日、第3火曜日がお休みの月もあり
    ひな人形の展示:2012年3月3日(土)まで

    ベンズファーム
    営業時間:10:00-17:00
    定休日:月曜日(冬場は喫茶のみ火、水、木、金営業)

    小平市平櫛田中彫刻美術館
    開館時間:10:00-16:00
    休館日:火曜日(展示替休館期間あり)
    内裏雛展示:2012年3月20日(火)まで
    春季展示:2012年5月27日(日)まで

    うどん弥 根古坂
    営業時間:11:00-14:00 17:00-19:00
    定休日:木曜日(これ以外にもお休みの日あり)

    ギャラリー青らんぎ
    営業時間:10:00-17:30
    定休日:月曜日、第4日曜日
    お雛さま展は2012/2/29(水)まで

    ①小平ふるさと村から③小平市平櫛田中彫刻美術館まで。およそ4.5km (地図をクリックすると大きく表示されます) 





    ③小平市平櫛田中彫刻美術館から⑤ギャラリー青らんぎまで。およそ4.5km (地図をクリックすると大きく表示されます)

      

  • Posted by こだいらネット at 07:46Comments(2)小平歩き