たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  小平市 小平市

< 2012年09>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2012年09月30日

小平藝術散歩

ずいぶんと過ごしやすくなりましたね。お散歩日和の頃になりました。
さて、お馴染みの小平花いつ姐さんと、夢見亭コダ平さん。今回は、秋の気配を感じながら、東大和市駅にいらっしゃるようですよ。

                

小平花いつ:ずいぶんとしのぎやすくなりましたね。小平花いつでございます。
夢見亭コダ平:涼しくなって、食欲も戻った夢見亭コダ平でございます。
花いつ:おまえさんの食欲がなかった時はないように思えるんだがねぇ。
さて、秋の行楽シーズン前に秋らしいお散歩コースをご紹介いたしましょう。
さて、秋と言ったら?
コダ平:食欲の秋!
花いつ:うんうん、他には?
コダ平:実りの秋。
花いつ:他には?
コダ平:食べ物の秋。
花いつ:だから、他には?
コダ平:美味しい秋。
花いつ:おまえさんの頭には、食べることっきゃないのかい?
「読書の秋」、「スポーツの秋」そして「芸術の秋」なんて言うだろう?
コダ平:へぇ、今どきのことばですかい?
花いつ:昔から言うんだよ。
で、今回は、ここ東大和市駅から小平藝術散歩といくよ。
青梅街道を東へと歩こう。
コダ平:へ~い。あんまり腹にたまりそうじゃあないなぁ。

花いつ:やれやれ、こんなこともあろうかと先ずはこちら。
コダ平:お、こちらは金メダリストも大好き「ブラックサンダー」で有名な。
花いつ:そう有楽製菓さま。
  
コダ平:でも、こちらは本社さまですよね。お菓子買えるんですか?
花いつ:正門から入った少し先の左にほら。
コダ平:わー!買える窓口だぁー!
花いつ:今はまだ種類が少ないけど、10月1日からは種類も増えるそうだからね。
コダ平:そうなんですかぁー。10月になったらまためぇりやすよ。

花いつ:さあ、お菓子与えといたから、しばらくは保つだろう。
コダ平:(モグモグ)え?なんかおっしゃいましたかい?(モグモグ)
花いつ:いえいえ、何も。
さあ、立川通りへ抜けて上宿緑地から小川1丁目保存樹林地「ふれあいの林」。それほど広くはない場所だけれど、武蔵野の面影を再現。小川用水も活きてるね。
この小川用水をさかのぼると、あらわれまするは彫刻の谷緑道
  
用水沿いを歩きながら武蔵野美術大学の学生さんの作品を拝見できるってご趣向さ。
コダ平:わー、あれなんかいいですねぇ。
花いつ:おやおや、おまえさんにも彫刻の好みがおありかい?
コダ平:あれがチョコレートだったら、さぞや食べでがあろうかと。
花いつ:やれやれ、それかい。

コダ平:緑と用水と彫刻もようございましたが、そろそろー。
花いつ:ああ、昼餉だろ。立川通りをちょいと入った めん処 松根さま。
  
テレビ番組でも時々紹介されているから、おまえさんもご存じだろう?
コダ平:へいへい!ご存じも何も、おうかがいしたいと思ってましたよ。
花いつ:あたしは郷土食の糧うどんを頂戴しよう。地粉の風味が活きたおうどんが嬉しいねぇ。
コダ平:おいらはお昼のセットでがっつりといただきます。

花いつ:こちらのお店は、こだいらオープンガーデンにご参加の森田さまのお庭にあるんだよ。
カモミールが有名だけれど、それぞれの季節のお花を楽しめるねぇ。
  
コダ平:お花がのびのびと咲いて、気持ちものびのびいたしやす。
花いつ:おまえさんがそれ以上のびのびしたらどうなるかとちょいと案じられるけど、まあ、いい。オープンガーデンを抜けて玉川上水沿いへ行こう。
コダ平:へい。
花いつ:7月のお散歩で歩いた道だけれど、空気が違うねぇ。
(7月の小平水散歩西域編はこちら)
コダ平:2か月分、季節も進みやした。
花いつ:さて、上水公園を左に折れるとこちらが武蔵野美術大学さま。
コダ平:お、学食でなにか頂戴できるんですか?

花いつ:今、おうどんをいただいたばかりだろ。
今日はこちらの武蔵野美術大学美術館におじゃましよう。
  
(展示の案内はクリックすると大きく表示されます)
コダ平:さすがは美術大学。美術館をお持ちでやんすか。
花いつ: 繊維素材をお使いの立体造形は、じっと見ていると流水に見えたり、隠れている動物の目のように見えたりと不思議な世界だったね。それから綿密な博物図譜。写真のない時代にゃ、こんなふうに画に書いていたんだね。動植物の細密な描きぶりもきれいだし、解体新書も興味深かったよ。
コダ平、どうだったかい?
コダ平:へい、博物図譜の魚がうまそうでした。
花いつ:こうまでブレないのは、ある意味大したもんだ。
コダ平:政治家の皆様も夢見亭コダ平を見習っていただきたいものだと。
花いつ:それはそれで、目も当てられないことになりそうだよ。
コダ平:鷹の台駅がお近くなりましたが、先ほどのおうどんも、もうこなれたようでして。

花いつ:はいはい、わかったよ。こちら喫茶シントンさまにお邪魔しよう。
  
コダ平:おー!落ち着いた雰囲気ですね。
花いつ:こちらのお店には、先ほどお邪魔した武蔵野美術大学の学生さんたちの作品が展示してあるんだよ。小平藝術散歩の締めにゃあぴったりだろ。
コダ平:えーっとおいらは、ケーキセット!
花いつ:ダメだ、聞いちゃいないよ。

コダ平:いや、しかし、姐さん「芸術の秋」ってぇのもなかなか良いもんですね。
花いつ:おや、意外な感想を聞けたね。
で、どこが良かったんだい?
コダ平:芸術を見て歩くと、そのあとのおまんまが美味い!
花いつ:ありゃあ、それかい!

                

あくまでもマイペースなコダ平さんでした。
秋の行楽シーズン。歩いて、観て、感動して、美味しいものをいただいてと、小平市で欲張りな秋の芸術散歩はいかがでしょうか?
では、今回のお散歩コースの動画と立ち寄りポイントの情報をどうぞ。


-今回のコースと立ち寄りポイント情報と地図-

①東大和市駅

②有楽製菓
所在地:小平市小川町1-94
売店開店:月-金8:00-17:30(土曜営業の場合もあり)
公式サイトはこちら

③小川1丁目保存樹林地「ふれあいの林」
所在地:小川1丁目
最寄りの上宿図書館の地図はこちら

④彫刻の谷緑道
所在地:小平市小川町1丁目
立川通り、小川用水周辺
小平市によるサイトはこちら

⑤めん処 松根
所在地:小平市小川町1-423
営業時間:11:00-17:00 (LO16:30)売切れ次第終了
定休日:木曜日
公式サイトはこちら

⑥森田邸(こだいらオープンガーデン)
所在地:小平市小川町1-647-3
こだいらオープンガーデンの地図サイトはこちら
(リンク先地図の「1」)

⑦武蔵野美術大学美術館
開館時間:月-金10:00-18:00 土、特別開館日 10:00-17:00
休館日:日曜、祝日、展示替期間
公式サイトはこちら

⑧シントン
営業:11:30-18:00(夜のイベントの場合は延長) 
定休日:隔週月曜日(日にちはお店に問い合わせを)
公式サイトはこちら

⑨鷹の台駅

地図1
①東大和市駅→②有楽製菓→③小川1丁目保存樹林地「ふれあいの林」→④彫刻の谷緑道→⑤めん処松根→⑥こだいらオープンガーデン森田邸→⑦武蔵野美術大学美術館
←クリックすると大きく表示されます。
徒歩およそ1時間30分。見学、食事などの時間は含みません。

地図2
⑦武蔵野美術大学美術館→⑧シントン→⑨鷹の台駅
←クリックすると大きく表示されます。
徒歩およそ40分。見学、食事などの時間は含みません。
  

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(1)小平歩き

    2012年09月20日

    嘉悦大学学園祭特集①

    みなさん
    嘉悦大学の宇津原です。


    嘉悦生は今日がちょうど夏休み終了の日でした!
    そしてうれしいニュースが届いています!嘉悦大学生が販売ボランティアにて1100万円を売り上げたそうです!
    http://kibounowa.jp/topics-158.html


    さて、今日は「嘉悦大学学園祭特集」と題して、9月10月の2回にわたり嘉悦大学の学園祭の準備の模様をお伝えします!

    ――
    本日9月20日(木)、学園祭実行委員の定例ミーティングがありました。
























    学園祭ミーティングでは主に、学園祭の企画、宣伝方法についての検討、ゲストの呼び込み・・・などなど、
    各局ごとに活動した成果を発表する場です。

























    こちらでは学園祭全体の予算について各局にどれくらい配分すればよいか、といったことについて
    1年生(写真左)が3年生の先輩(写真右)と相談しています。

























    この写真は当日のお笑いライブに向けて、どのようにゲストを通したらいいか、時間はどのくらいがいいのか、
    本部企画を担当する企画局と相談している模様です。


    このように、学園祭実行委員は学園祭へ向け、3年生から1年生と幅広く活動しています。
    また、主に学園祭実行委員は「嘉悦大学イベント執行部」が担当しています。

    ――

    さて、短めにお送りしてきましたが、嘉悦大学学園祭情報を、皆様にちょっとだけお知らせします!


    ・日時は11月3日(土)、4日(日)の2日間。嘉悦大学花小金井キャンパスで行われます。
    ・当日の本部企画は、きぐるみスタンプラリーを始め、小さなお子様でも楽しめる企画を行います。
    ・豪華ゲストは①マドンナのモノマネでおなじみの女性ピン芸人②フジテレビ「ピカルの定理」に出演している若手漫才芸人③ブレイク寸前期待の漫才芸人の3組です。
    ・模擬店は全部で約30店舗。中には、授業の一環で模擬店経営を体験する「基礎ゼミナール」を履修する1年生が模擬店を出店します。
    ・学園祭の前夜祭として、「嘉悦大学24時間テレビ」を放送!


    現段階で分かっている情報は以上となります。
    これ以外の情報については、次回(10月20日)に掲載します!
    前夜祭の「24時間テレビ」についても、次回詳しく掲載します。


    さて今日は短くなりましたが、次回の学園祭特集もお楽しみにicon01
    宇津原でした。


      

  • 2012年09月10日

    こだいら環境フェスティバル

    例年秋になると「こだいらエコフェスティバル」が開催されますが、今年は小平市制施行50周年記念事業として9月8日(土)、
    こだいら環境フェスティバルがいつもより大規模に賑やかに開催されました!

    会場は中央公園とふれあい下水道館です。

    中央公園には青空の下のフリーマーケットのほか環境関連のブースが並び、特設ステージではダンス、バンド演奏、詩吟などが次々披露されてイベントを盛り上げました。


    フリーマーケット


    バンド演奏(Big市川&B3) ぶるべーも応援に来てくれました♪


    よりよい環境をつくるためにはごみの量を減らすことが大切ですが、
    そのために小平市はいろいろなものをリサイクルしています。

    粗大ごみとして回収したものの中でもまだきれいで使えそうなものは、優良粗大ごみとしてリサイクル。
    普段リプレこだいらで展示販売されていますが、フェスティバルでは希望者に抽選で無料配布されました。

     優良粗大ごみをリサイクル!

    昨年度から取り組みが始まったのが、陶磁器のリサイクルです。
    不要な陶磁器製食器を回収し、きれいなものは安価で販売したり、東北の被災地に寄贈したりしました。
    そのまま使えないもののうちリサイクルできるものは、陶磁器のリサイクル工場で粉砕されて新しい器に生まれ変わります。



    生ごみを食物資源ととらえてリサイクル(たい肥化)に取り組んでいるのが食物資源循環モデル事業です。




    会場では食べ物や飲み物も販売されましたが、環境フェスティバルならではの仕組みがデポジット方式。食器を洗って返却すると代金の一部が戻ってきます。



    右はデポジット方式のアイスコーヒー屋さん。シロップやミルクも大きなパックから自分で注ぐのでエコです。飲み終わったら、左の洗い場で自分でコップを洗って返却すると、50円が戻ってきてとってもおトク!



    こだいら菜の花プロジェクトで作られた「小平のなたね油」を売っていました。
    農地を活用して資源を循環させる試みです。



    環境にやさしいリユースびん。形がそろっていてきれいですね!




    太陽光発電やエネルギー関係のブースもいろいろありました。

    太陽光発電に取り組む人・関心のある人がつながり、情報交換や発信をしている太陽光発電所ネットワーク、市民発電所をつくろうと呼びかけるこだいらソーラー、東京都環境局の太陽エネルギー見本市、東京ガスライフバルなど。



    小平市と市民の環境へのさまざまな取り組みにふれることができた一日でした。
    ものを大切に使い、ごみを減らし、豊かな緑の中でていねいに暮らしを紡ぐ。
    そんなまちにしていけば、小平のファンはもっともっと増えるのでは?
    そしてできれば来年もまた、広々とした中央公園の緑の風に吹かれながら環境フェスティバルが開催されるといいな~と思います。

    足達千恵子  

  • Posted by こだいらネット at 23:00Comments(3)こだいら友・友