たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  小平市 小平市

< 2013年10>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2013年10月30日

小平漫遊記 神無月の巻

今月の小平漫遊記は、漫遊記とは言うものの、いつもとはちょっと違う雰囲気。
でも「面白そうかも」と思っていただければ、お出かけいただける。さらにご自分でもやってみたいと思えばご参加もいただける、花いつ姐さんお奨めあれだそうです。
いったい、何でしょうか?楽しみ、楽しみ。

♪♭♫♯♬♮♪♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮

小平花いつ:すっかり秋めいてまいりました。朝晩はちょいと寒いくらいですが、行楽には良い時節でございます。小平花いつでございます。
夢見亭コダ平:寒い季節を前に、いつにも増してたっぷり食べておこうと計画性抜群な夢見亭コダ平でやんす。
花いつ:いつも以上に食べちまうって、それじゃあ、妖怪ヤカンヅルだよ。
さて、今回はちょいと小平の文化財のお話から。
コダ平:文化財といえば、ゆでまんじゅう?糧うどん?
花いつ:違うよ。そりゃ、郷土料理だろ。小平市の無形民俗文化財と言えば?
コダ平:ええっとー、糧うどんの作り方?
花いつ:違うって、もっとお賑やかな、ほら。
コダ平:鍋や皿、ひっくりかえしながら作る糧うどん
花いつ:違う、違う。そりゃお賑やかだろうけど、うどんまで落っことしそうだよ。小平市内のお祭りでも、よく観ることができる。
コダ平:もしかして、鈴木ばやし?。
花いつ:そう、それだよ!鈴木ばやし。(あぁ、疲れた…)
   

❖❖❖鈴木ばやしの始まりは❖❖❖
コダ平:この鈴木ばやし、無形民俗文化財と言うからにゃ、ずいぶんと歴史があるんでやんしょうねぇ?
花いつ:弘化4年ってえから、今から170年ばかし前。時の将軍は徳川家慶公。
6年後の嘉永6年にゃ黒船が浦賀に来てる。
コダ平:長きにわたって続いた江戸時代も終りの頃でやんすね。
花いつ:20年もすれば明治時代さね。
コダ平:で、なんで小平でお囃子をやることになったんで?
花いつ:時の小平、鈴木の新田、深谷定右衛門というお人、若人たちに健やかな、お楽しみをと考えて、広めましたるお囃子が、継がれ継がれて平成の、今も響くは鈴木ばやし。
コダ平:よっ!姐さん名調子。
花いつ:そして、昭和45(1970)年にゃ、市の無形民俗文化財に指定されたんだよ。
コダ平:若いお人の健全な娯楽ってことで始まったというのが、楽しそうでやんすね。今でいうなら、公民館でフォークダンスの集い?
花いつ:おまえさんも若いんだからさ、自分たちでライブ演奏するクラブくらいお言いな。
コダ平:姐さんと話してると、ついつい年寄じみた発想に。
花いつ:なにかお言いかい?
コダ平:おっととと、いえいえ、何も。
で、この歴史ある鈴木ばやし、今も鈴木町あたりにお住まいの皆さまがおやりなんですか?
花いつ:いやいや、今は、鈴木町に限らず「やってみたい」と思えば、どなたでもご参加いただけるよ。
   

❖❖❖鈴木ばやし保存会❖❖❖
コダ平:そりゃ、どうやって鈴木ばやしに参加させていただけるんで?
花いつ:鈴木ばやしは、昭和45(1970)年に市の無形民俗文化財に指定された。その時、鈴木ばやし保存会が結成されたんだよ。
で、今回はその鈴木ばやし保存会の石井さまにお話をおうかがいし、練習の様子も拝見いたしました。
コダ平:この鈴木ばやし保存会、現在、およその会員数は、お子さまが30名、大人が20名、総勢50名さまで伝統を守り継いでいらっしゃる。お子さまも多くいらっしゃるのは、心強いことでやんす。
花いつ:お囃子をやっていると、嫌なことなんざ忘れちまうほど、楽しいとか。
コダ平:鈴木ばやしセラピー。
花いつ:保存会の方にお話をお聞きしたところ、お祭りで鈴木ばやしをご覧になったお嬢さまが「わたしも、おかめちゃんやりたいー!」と保存会に。
コダ平:おかめちゃん、かわゆいですからなぁー。お祭りでも、お子さまの握手ぜめでやんすよ。
花いつ:で、お嬢さまの熱意で、お母さまも一緒に鈴木ばやし保存会にご参加。いまでは、お母さまも鈴木ばやしに夢中だとか。
コダ平:親子一緒に楽しめるのもようござんすね。
花いつ:お話をお聞きしようとしても、しゃべっておくれでない、とっても無口なお子さまも「今の気持ちを鈴木ばやしで」とお願いすると、練習のために手に持ってらした鉦を叩いてくださる。 自分のお気持ちをよりきちんと表そうとするかのように、何回も、何回も、丁寧に、丁寧に。
コダ平:思っていても言葉にゃだせぬ、鉦を叩いて届かしょか。
花いつ:うまい、うまい。でも、そんなふうに、太鼓や鉦を叩いて自分の気持ちを出すってのも、石井さまがおっしゃっていた「嫌なことを忘れてしまう」ってことに通じるんだろうねぇ。
コダ平:おいらも、カラオケで歌いまくってスカッとするときがありやすが、鈴木ばやしだと「皆と一緒に作りあげる」という達成感もありやすね。
花いつ:おや、おまえさんもなかなかいいこと言うようになったねぇ。
かてて加えて、お祭りの時には、ご見物の衆に見ていただける。これも「嬉しい!」というお話もおうかがいしたよ。
コダ平:姐さん、姐さん「鈴木ばやし、面白そう―!」と思ったお人はどうやればお仲間に加えていただけるんで?
花いつ:鈴木ばやし保存会さまでは、毎週木曜日午後5時半から、花小金井武道館横の練習場で練習をなさっているから、まずはそこを拝見しちゃあどうだろうね。保存会の石井さまも「先ずは見学にいらしてください」とのお話だったよ。
コダ平:あ、でも、まだ鈴木ばやしをご覧になったことがない方もおありじゃないですか?
花いつ:ああ、そうだね。
   
   

❖❖❖鈴木ばやしを見に行こう❖❖❖
花いつ:この秋の色々なおまつり、イベントでも鈴木ばやしを拝見できるんだよ。
まずは第25回小平市産業まつり。
この産業まつりは11月9日(土)10:00-16:00と10日(日)9:00-15:00 に行われるけど、このお祭りで、鈴木ばやしは11月10日(日)の10:00-11:00と12:30-13:00の2回行われるからね。
コダ平:産業まつりは、いろいろ美味しいものも盛りだくさんだから、こちらもお楽しみ。
花いつ:あたしゃ、商工会婦人部さまの手作りキムチが毎年楽しみで・・・って、いけない、いけない、鈴木ばやしのご予定だったね。
コダ平:ぷぷぷっつ。
花いつ:11月10日(日)に小平ふるさと村で行われる「昭和時代の小平の結婚式」で10:30-12:00に演奏されるよ。
コダ平:結婚式ね。かーーーっ。うらやましい。おいらもあやかりてぇ。
この日は産業まつりもあるから、保存会のかた大忙しだ。
花いつ:そして、11月16日(土)10:00-15:00にゃ定期演奏会。場所は花小金井武道館横の練習場。
コダ平:おいら、おかめちゃんの追っかけやっちまうぞー!
花いつ:では、小平のお祭りの鈴木ばやしの舞台の前で、お会いいたしましょうね。
コダ平:待ってるよ~!
   
♪♭♫♯♬♮♪♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮♭♫♯♬♮

まずは、花いつ姐さんがご紹介くださった鈴木ばやし情報をまとめましょう。

◆鈴木ばやし保存会練習日:
日時:毎週木曜日17:30から21:00
場所:花小金井武道館西側横練習場(花小金井武道館と武蔵野神社の間)

◆鈴木ばやし上演予定
第25回小平市産業まつり
産業まつり日時:2013/11/9(土)10:00-16:00、11/10(日)9:00-15:00
場所:小平福祉会館周辺
鈴木ばやし上演:2013/11/10(日)10:00-11:00、12:30-13:00

◆昭和時代の小平の結婚式
日時:2013/11/10(日)10:30-12:00
場所:小平ふるさと村

◆鈴木ばやし保存会定期演奏会
日時:2013/11/16(土)10:00-15:00
場所:花小金井武道館横の練習場

そして、鈴木ばやしのことを、インターネットでもご覧いただけます。
こだいらきっずぺーじ「ぶるべーのさんぽみち」のサイトはこちら
こちらのサイトには鈴木ばやしの動画もあります。

小平市のサイトはこちら

わたくしも一昨年の小平市産業まつりで、初めて鈴木ばやしを拝見。初めてなのに懐かしい魅力に魅かれて、あちらのお祭り、こちらのお祭りと楽しみにしています。
先ずは、来月の小平市産業まつり、楽しみです。花いつ姐さんやコダ平さんとばったり顔をあわせるかもしれませんね。

なお、鈴木ばやし保存会の、石井さまをはじめ皆さまに御礼を申しあげます。
どうもありがとうございました。

鈴木マナ
  

  • Posted by こだいらネット at 00:00Comments(0)小平漫遊記

    2013年10月20日

    べりべりぶるべり…?

    前回紹介されていたこだプリン
    実は嘉悦大学の学生が生み出したプリンなのです!

    今回はこだプリンの紹介をしたいと思います。


     


     小平のブルーベリーが有名なのはみなさん御存知ですよね?

     ~御存知ない方に少しご紹介!~
     ブルーベリーはもともとは北アメリカ産の低木生果実です。
     そのブルーベリーを日本で生産しようと開発が始まり、ブルーベリーの木が植えられたのがたまたま小平市だったのです。
     
     こうして日本でのブルーベリー栽培が始まりました。



    小平ではおなじみのブルーベリー、こだいらネットでもよく紹介されていますよね。

    “小平では”有名なんだけど…
    でも意外と周りに知られていないんじゃないか…

    そこで!!!

    嘉悦大学ビジネス創造学部の白鳥ゼミでは
    小平市の地域貢献のため、小平と言えばブルーベリー!ということを広めるため、企業と連携して小平のブルーベリーをブランド化しようとしているのです!!




     そうして出来上がったのがべりべりぶるべりこだプリン


     市場調査から始めて、商品企画・開発を行ない、
     小平産ブルーベリーを100%使ったブルーベリー満載の商品が出来上がりました!
     



    今は小平市のお祭りを中心に「こだプリン」を有名にしようと販売活動を行なっています。

    最近では武蔵野神社、学園西町小平神明宮例大祭(一橋大学小平国際キャンパス内で開催)でも販売させていただきました。

     

    これからも市内で販売活動を行なうことはあると思うのですが、
    お祭り・イベントでしか食べられないのかしら…
    すぐに食べてみたいわ!という方に朗報です!!

    嘉悦大学キャンパス内購買「はるか」・アドミッションセンターでの販売が始まりました。

    嘉悦大学の近くにお越しの際には是非お越しください!
    ちなみに、冷やしていただくとより一層おいしく召し上がっていただけます。


    最後に…
    「べりべりぶるべりこだプリン」の販売活動等を紹介しているブログがありますので
    こちらもチェックしてみてくださいね!
       ↓      ↓     ↓
    「ブルーベリー商店 嘉悦小平店」
    http://blueberrykodaira.blogspot.jp/


                                                                                            嘉悦大学2年 中山詩織
      

  • 2013年10月10日

    スポーツ祭東京と小平のおもてなし

    スポーツ祭東京2013 もあと少しで終わりです。
    観戦には行かれましたか?

    かつて女子バレーボールの強豪チームで全日本代表選手を多数輩出した日立バレー部は、小平市を本拠地にしていました。
    そう、ここはバレーの歴史あるまちなのです。

    9月30日、国民体育大会バレーボール成年女子の試合を見に、小平市中央体育館に行ってみました!

    会場のまわりの中央公園にはたくさんののぼりが。
    市内の小中学生がイラストなどを描きこんで、各県を応援したり、小平名物を紹介したりしています。
    なかなかいいおもてなしですね~♪


     


    休憩所には大画面テレビもあり、ここで観戦することもできます。

    さっそく整理券を入手! 


    少し時間があるので、出店をのぞいてみることにします。
    イチョウの樹の下にコダイラブランドやスイーツ、スポーツ祭グッズのお店などがたくさん並んでいました。
    もうほんのりと銀杏(ぎんなん)の香りも…

     

     
    こだプリンおいしい!

     

    「おもてなしコーナー」では、小平のおいしいものをなんと無料でサービスしていました。
    この日は菓子屋イコナさん、タウンキッチンくみはちさん、杏’s Cafeさんのおいしいものが。
    でも、残念! すでに配布終了していました~(>_<)
    隣の無料ドリンクコーナーはやっていましたので、お茶をいただいて喉を潤します。(^-^)

    はて、この体育館の壁に並んでいるものは?



    おお、かるた!


    じょうすいを たまがわきょうだい つくったよ
    人々が 豊かな自然に 心まう
    そよ風が グリーンロードを かけぬける


    小平の魅力をみなさまにお伝えしているようです。(^^)

    運動場の方へ行くと、ここにもずらっと大きなかるたが並んでいます!



    おおがまで ゆでるわが家の かてうどん
    さくらみち どこまでもつづく ゆうほどう



    青空と 芝生がまぶしい 青赤グラウンド (FC東京グラウンドですね!)
    「回田町(めぐりたちょう)」を 「かいたちょう」って 読む人いるよね! (いるいる~)


    きてみれば みどりとみずと はなのまち
    晴れた空 木漏れ日揺れる グリーンロード



    むらさきの いきものそれは ぶるべーだ
    にほんいち ひかりかがやく ブルーベリー


    これは「新・小平かるた」といって、小平青年会議所さんが作ったものだそうです。
    かるたのデザインは武蔵野美術大学の学生さんたち。いいですね!

      ←新・小平かるたの説明。クリックすると拡大します。

    だれでも初めて訪れる地ではその土地の魅力を知りたくなるものですから、これもなかなかのおもてなしですね。

    さあ、そろそろ試合が始まります。
      
    体育館内でゆりーととぶるべーがお出迎えしてくれました。

    試合は愛知×長崎。
    やっぱり全国大会、目の前で見ると迫力があります!


    近隣の高校生が務めるモップ隊の動きもキビキビとしていました。


    バレーボールはスピード感があってどんどん得点されるので、あまり詳しくない人でも十分ワクワク楽しめました。
    応援席で幼稚園の子どもたちが「がんばれニッポン!」とかわいい声で応援しているのが微笑ましくて。(^o^)
    お隣に座っていたおばあさんは近所だから来てみたそうで、まったくバレーに詳しくなさそうでしたが、
    「おもしろくて帰れないわ~」と試合が終わる4セット目までしっかりと見ておられました。
    そして私は子どものころ、オリンピックでの女子バレーチームの活躍を、母と一緒にテレビ観戦していたことを思い出しました。
    だれでも楽しめるスポーツってよいですね!

    さて、まだまだ続く小平の秋のお祭。
    10月20日は市民まつり、11月9・10日は産業まつりです。
    またおいしい小平名物の出店がたくさん出ますよ~! お楽しみに~♪




    *明日10月11日、ルネこだいらで探検家・関野吉晴さんと武蔵野美術大生のカヌーづくりのドキュメンタリー映画上映会があります。
    タウン通信 「僕らのカヌーができるまで」探検家・関野吉晴 さんにインタビュー

    *ゆるきゃらコンテスト開催中。ぶるべーを応援してね!


    足達千恵子  

  • Posted by こだいらネット at 12:14Comments(0)こだいら友・友