たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  小平市 小平市

< 2012年07>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2012年07月10日

夏のはじまりを告げる 市民ふれあい音楽祭

7月8日(日)午後、ルネこだいら中ホールで行われた第21回市民ふれあい音楽祭(主催:小平商工会/小平市文化振興財団)に行ってまいりました。

オープニングを飾るのは、小平市民オペラ協会
ヨハンシュトラウス二世のオペレッタ「こうもり」の舞踏会シーンから
「♪ 時は過ぎやすく、人は老いやすい。われらの合言葉、遊べ、遊べ、遊びまくろう!」
・・と、底抜けに明るい歌で、会場はいっきに軽やかで楽しい雰囲気に。
それにしても、小平にオペラ協会があったとはびっくりです。




2番目は、昨年のファン投票1位で今年の出場権を獲得したTwinkle Bells。小学校のPTAのお母さんたちが作ったミュージックベルとトーンチャイムの同好会です。「猫ふんじゃった」、「黒ねこのタンゴ」はネコのコスチュームでかわいく、「サンタルチア」は衣装を変えて涼しげに。「みんなの音を大切につなげ、ひとつの曲に仕上げていく楽しさ」が伝わってきました。



3番目は鷹取淑子さんのピアノ独奏でショパン作曲「スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31」。
60代という年齢を重ねて、ますます音楽に対する思いが深まっていっているそうです。
「道は遠いのですが、少しづつでも前に進みたいと願って日々稽古を続けています。」
流れるような力強い演奏が心に響きました。




4番目のはミュージカルを自分たちで演出して歌っているグループです。本日の演目は「オペラ座の怪人」より「THINK OF ME」、「THE MUSIC OF THE NIGHT」。約150年前のパリ・オペラ座を舞台にした愛の物語を堂々と歌いあげ、ロマンチックな世界に誘ってくれました。



ここで休憩を挟んで後半へ。

後半トップ(5番目)は、ふれあい音楽祭常連ののんちゃんバンド。演奏するのは軽やかなジャズナンバーの「Chikin」、「Watermelon man」、「Quizas Quizas Quizas」です。トークを交えて会場の心をつかみながらの演奏はさすが、余裕を感じさせてくれました。




6番目はPrimrose(プリムローズ)。「三度の飯よりも音楽が好き」な主婦3人組で、高校の同級生やご近所さんと5年前から活動を始めたそうです。曲は「銀座カンカン娘」、「我が祖国」+「You are my sunshine」、「また会える日まで」。明るく楽しい演奏で、「北海道から沖縄まで、阪神も東北も我が祖国。がんばろう日本!」とメッセージを送ってくれました。



7番目は中学2年生の林亮佑さん。自分で作曲したピアノソロのオリジナル曲「リメンブラス」~追憶~です。
「洗練された作品で演奏もぴか一」と司会の西山さん(小平青少年吹奏楽団長)のコメントがありました。
これからも才能を大切に伸ばしていってください!




8番目は子育て真っ最中のママたちのゴスペルサークル、ブリリアントスターズ。子連れで参加できるサークルということで、舞台にも赤ちゃんをおんぶしたお母さんや小さなお子さんの姿がありました。
「ママになっても自分が輝く時間をもつと生活に張りが出てきます。」
ママたちが子育てだけに引きこもるのではなく、「子育ても音楽も一緒にやれば両方一度にできる」という逆転の発想がすばらしいですね。曲は「Oh happy day」「My life is ㏌ your hands」。
力強いママたちの歌声に圧倒されました。母は強し!




ここまでで審査対象の演奏は終わりですが、
ラストに本日演奏準備などの裏方を務めた小平青少年吹奏楽団がゲストとして演奏しました。
演目は「雷神」と懐かしい歌のメドレー。
8月26日の夏休みフェスタhttp://www.runekodaira.jp/festaでは、大ホールで演奏するそうです。



それでは、素晴らしい演奏をほんの少しですがお聴きください。



すべての演奏を終えて、小平市文化振興財団平尾事務局長のお話がありました。
「毎年レベルアップしていると感じます。皆さんお仕事や、また子育てなど家の中での重要なお仕事をしながら練習されていることがすごいです。プロではない市民が大変な努力で作りあげた音楽は、かっこいいですね!」


さて、演奏の後はお楽しみ抽選会♪ 人気投票をした人の中から、コダイラブランド認定品を5名の方に、自転車が1名の方にプレゼントされました!


そしていよいよ人気投票の結果発表ですが・・・
第1位はブリリアントスターズ! おめでとうございます!!
来年もまたママたちの素敵なゴスペルが聴けそうですね☆


昨年の大震災を経験して、私たちは対話やコミュニケーションの重要性をあらためて感じています。
音楽は最高のコミュニケーションでもあります。
心を開き、気持ちをひとつにした時、素晴らしい音楽が生まれます。
この場に集まった市民が心地よい音楽の空間を共有できたことに感謝し、運営してくださったスタッフの皆さんにも感謝しつつ(商工会女性部の皆さんの着物姿が素敵でした)、また来年を楽しみにいたしましょう。

足達千恵子
  

  • Posted by こだいらネット at 21:39Comments(3)こだいら友・友