たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  小平市 小平市

< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
オーナーへメッセージ

2014年03月20日

ご縁でつながる100縁商店街

3月15日土曜日は、花小金井光ヶ丘商店街にて「第10回100縁商店街」が開催されました。
第1回が開催されたのは2010年11月とのことです。

100縁商店街チラシ

さて、私は今回、初めて訪れたのですが、100縁商店街ってどんな感じなんだろう。なんでも100円なのかなあ。
と興味津々で花小金井南口からてくてく歩くこと5分。
小金井街道を挟んで、前方に100縁商店街と書かれたのぼりを発見。ワクワクしながら、歩き進んでいきました。


100縁商店街は11時~15時のはずですが、10分前に「もう売っちまえ~」と威勢よく売り出された「スナックまこ」さんの
「黒焼きそば」。100円です。
写真は撮り忘れました。ごめんなさい。

事前情報で「唐陶園」さんの「100円ラーメン」がおすすめだと聞いていたので、100縁商店街の終点にある「唐陶園」さんを目指します。
が、どのお店にも「え?これが本当に100円?」と目を疑いたくなる商品が目白押しなので、ついつい、何度も立ち止まってしまいます。

マツタケご飯100円、おでんも100円、唐揚げも100円、コロッケ2個で100円、タコ焼きも100円…。
商店街の中ほどにあるファミリーマートでもジュース類の一部が100円で売り出されていました。
 

お財布に優しいです。そもそもなぜ、100円なのか?

「こだいら探検隊」の2011年6月で取材されていたので、そこから引用させていただきますが、
活気が薄れつつあった「光ヶ丘商店街」をなんとか盛り上げたい、と思った当時の商店街役員の方が一念発起、
山形県の斎藤一成さんがやっていた「100縁商店街」を参考に、この催しを「光ヶ丘商店街」でもやろうと決断。
商店街みんなで100円でものを売って、お客様に来ていただいて楽しんでいたたき、
たくさんの縁を作るというのが「100縁商店街」の狙い。商店街の皆様の賛同を得るのも大変だったと思いますが、
その試みは大成功。第2回目はなんと東日本大震災の翌日だったとか。実施するかどうしようか迷ったあげくに実施。
商店会ではペットボトル募金箱を22店に設置し、義援金を集め、商店会からの募金も合わせ、
163,815円を5月に市を通して募金されたそうです。また、同じ年の5月22日には光ヶ丘ふれあいスペースで
「東日本大震災支援ライブ」も開催されました。
その様子はコチラ→ http://ameblo.jp/jimmysparadise/entry-10902291537.html

商店街を通して人のつながり、思いやりが育まれている、そんな100縁商店街、初めて参加した私もとってもワクワクして、
100円玉をにぎって子どものようにはしゃいでしまいました。

八百屋さんに並んでいる、大根、ネギ、ジャガイモ、玉ねぎ、ニンジンなどなども100円。
今晩のおかずには事欠かないですね。あっという間に人だかりができてしまいました。


あれ?自転車屋さんの店頭で「広島風お好み焼き」なんて焼いてますね。

とんぺい焼き1 とんぺい焼き2

私は小手調べに「とんぺい焼き」を頂きました。薄いクレープの様な生地に豚肉が乗っています。
美味しいです。朝ごはん抜きできた甲斐がありました。ラーメンにたどり着くまでに、誘惑が多い事、多い事。

ベーカリー「サンマルタン」さんの店頭ではフランクソーセージパン、マドレーヌ、チョコラスクなどなど、
すべて100円。ハイエナのように群がる人々。
サンマルタンのパン 群がる人々

そしてようやく、お目当ての「唐陶園」さんの100円ラーメンに到着。まだ11時を少し過ぎたくらいだったのに、既に列ができていました。
5分程待ってやっと注文、そこからさらに5分ほど待って、ラーメンをゲット。休憩コーナーでゆっくり頂きます。

ラーメンの列

100円ラーメン 休憩コーナー

100円ですが、小腹は充分満たされる量だし、チャーシューもメンマも入ってます。満足、満足。

たまごやき

喜久鮨さんの店頭では、自家製のた玉子焼き、マグロ煮、千葉県産焼き海苔が飛ぶように売れていました。

私が先程、食べた「とん平焼き」のサンワサイクルさんでは、広島風お好み焼きが「今、焼いてる分は予約で完売です。」の声。

さてさて、今日のお目当て第二弾は「もろこしボーイズ」の街頭ライブです。
お昼頃に「サンマルタン」の前あたり、という情報を事前にチェック。
「ル・パティシエ クニヒロ」さんの100円プリンを食べながら、もろこしボーイズの登場を待ちます。
ちょうど、休憩コーナーで前に座った親子と会話もはずみます。100縁商店街が楽しみで毎回、来てしまうとのこと。
その気持ち、わかります。

そしてお待ちかね、もろこしボーイズの登場です。もろこしボーイズは2人組。
京都府京丹後市網野町出身の三浦さんと、秋田県男鹿氏五里合出身の畠山さんの二人組。

もろこしボーイズ

アコースティックギターで二人ともすごい地元訛りで歌います。お二人にとっては小平は第二の故郷なのでしょうか。
歌詞には商店街に対する思いやりの気持ちがこめられていました。
個人的には「ウイスキー父ちゃん」が気に入りました。ライブ後、握手を求める小学生もいたりして、100縁商店街を盛り上げます。
「2ステージ目はファミリーマートさんの前で歌います!」と一言残して去っていきました。

お腹がいっぱいで残念ながら、手が出ませんでしたが「黄金茶屋」さんの「小銭焼」も100円でした。



次回は必ず食べてみたいと思います。

そして最後にお惣菜屋さんで「普段は1個70円のところ、2個で100円だよ。お得だよ!今日の夕ご飯に決まりだね!」の声に負けて、購入。

コロッケ

言われた通り、夕ご飯に頂きました。買い物だけじゃなくて、お店の方と必ず会話がはずむ100縁商店街。
「たくさんのご縁ができますように」の願いは脈々と受け継がれているようです。ずっと続いてほしいイベントですね。

こだんみつ

  • 同じカテゴリー(小平歩き)の記事画像
    小平たからみち散歩
    グルメと見どころなこだいらのまち歩きのすすめ
    小平ぼちぼち散歩
    週末のひとときな小平
    小平新春散歩
    小平秋のお花見散歩
    同じカテゴリー(小平歩き)の記事
     小平たからみち散歩 (2014-06-30 00:00)
     グルメと見どころなこだいらのまち歩きのすすめ (2014-06-20 18:59)
     小平ぼちぼち散歩 (2014-05-30 00:00)
     週末のひとときな小平 (2014-05-19 23:14)
     小平新春散歩 (2012-12-30 00:00)
     小平秋のお花見散歩 (2012-11-30 00:00)
    Posted by こだいらネット at 13:02│Comments(0)小平歩き
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    ご縁でつながる100縁商店街
      コメント(0)